新しくオープンした【World Life】とは?
スポンサーリンク

ニュージーランドの家の話を少し☆

World Lifeな生活
この記事は約2分で読めます。

ニュージーランドに移住した時の話なのですが、

最初から家を探して借りるってとっても大変なんですよね。

もちろん、日本に来ている海外の方々も大変だと思います。

場所を探して、書類揃えて、、、

う~~ん、頭が痛くなりますよね(><)

もちろん、どの国に住んでも同じなんですね(><)

ただ、書類の数は、日本が一番多いと思います!!

さて、ニュージーランドに入国した後で、

どうやって家を探そうかと思ってたら、

なんと

「3か月だけ借りれるところがある」

という情報を得ました!

「これはいい!!!」

とチェックしに行くと、、、

普通に人が住んでいて、、、

「???」

となってしまいました。

何が起きたのかというと、

住んでいるオーナーさんが、

3か月間旅行に行くから、

その間貸してくれるという条件だったんです。

「お皿とかも使っていいわよ~。」

「私たちのベッドで寝ていいわよ~~。」

「ひとつだけ入ってほしくない部屋があるんだけど、

そこに、いらないものをしまっておくわね~~。」と、、、

え~~~っ!!!!

そのまま、、つ、か、う???

最初のうちは、意味が理解できないくらい

びっくりしました。

だんだんと慣れも含め、

理解できるようになってきたのは、

借りて住み始めてからですね~~~~笑笑

なるほど、

3か月も家にいないのであれば、

貸してお金が入った方がいいという考え方、

そして自分たちが使っているものを

そのまま使ってもらえたら、

その方が良いということ。

心が広すぎる~~~!!

この話を聞いて

わかってもらえると思いますが、

オーナーの人はと~~~っても

優しかったです☆

家もとても綺麗で、

暖炉もありと~~~~っても

素敵な家でしたよ☆

もちろん、

お借りしたあとも

仲良くしていただきましたが、、、

無事、その3か月をかけて次の家を見つけ、

住むことができたのはこの方々のお陰です。

ニュージーランドの懐の深さに、

とても感動したことを覚えています☆

最後に、このオーナーさんには話をしていませんが、

住んでいるとき、

私が台所で片づけをしていると、

子どもたちの何とも言えない

面白そうな笑い声が聞こえてきたんです。

なんとな~~~く、

やばそうだな~~~と

母親の直感でリビングに行ってみると、、、

長男がまだ1歳くらい、

暖炉の扉を開けていて、、、

花さか爺さんのように、

灰を家のリビングにまき散らして、、、いたんです、、、

その楽しそうな笑い声に、

私も思わず笑ってしまいましたが、、、

そのあとのこと想像できますか?

Sara

タイトルとURLをコピーしました