【World Life】とは?
スポンサーリンク

英語の聞き間違いも才能のうち?!

World Lifeな生活
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

「あのミュージカルは、豚肉が好きって話なの?」と、舞台を見ていたフランス人からの一言。
「だって、”私は豚肉がないと生きていけない”って言ってなかった?」と。

豚肉の話なんかいっさい出てこなかったのにな、、と思ったけど、それは彼がある勘違いをしていたから。理由が分かって二人で大笑い。

彼は一体どんな勘違いをしていたのか。

ー始まりはミュージカルのセリフー

それは、私が初めてミュージカルに挑戦した時のこと。その時の内容は、ミュージカルのオーディションに参加する人達のドラマを綴った物語。

私の役は90年代に舞台女優を目指し、夢破れ田舎へ帰り普通のOL。「でも、どうしても舞台に立つ事を諦めきれない!」というミュージカルへの衝動と、OLとしての安定した生活の狭間での葛藤の日々。

そして、あるミュージカルオーディションの広告を見つけ心が揺さぶられ、気づいたら申し込み、「あなた自身をアピールしてください」という質問に、私は思い切り髪を振り乱して歌う!絶叫に近いシャウトで、生バンド演奏で歌う!

そんなミュージカルでした。

ミュージカルなので当然、セリフを覚えないといけない訳ですが、私は昔から暗記が苦手…。失敗したらどうしよう…と考えてしまい、心臓が本当に口から飛び出しそうになっていました。

頭の芯まで、バクバクという鼓動が響く経験を本当にするなんて、思わず、心を抑えるのに必死…。そんな気持ちを抱えながらも、ステージは幕を開けた。

そこには、自然に仲良くなり、いつの間にかライブをするたびに、お知らせをするぐらい仲良しになった外国人グループが。週末になると、私たちのライブや演劇を楽しみに足を運んでくれるので、今回もいつも通り微笑んでくれ、私の演技にも熱が入る。

今日のミュージカルはライブハウスらしく、バンドメンバーと一緒に歌をふんだんに盛り込んでいるので、日本語がうまく理解できない外国人にも、楽しんでもらえる内容のはずだ。

ー言葉の勘違いは素敵で楽しい時間を作るー

緊張しすぎて、アドレナリン上がりすぎのまま、あっという間に舞台は終わった。そのあと急いで客席へ走る。帰ってしまう前にお礼を言いたい。

彼らを無事捕まえて
「今日はありがとう」と伝える。

初めてのミュージカルで、緊張しまくってた私に、彼らは「とっても楽しかったよ」といつも明るく返してくれる。

そのあとのこと

フランス人:「あれは豚肉が好きって話だったんだよね」
    私:「え?どうして?」
フランス人:「だって、”私は豚肉がないと生きていけない”って言ってなかった?」

と、なぜかフランス人の彼は、豚肉の話・・・。

豚肉の話はいっさい出ていなかったのに、、、と思い考えてみると、その原因に思わず笑ってしまった。私は笑いを必死にこらえて、まず日本語を理解してくれた事に、感謝の言葉を伝えた。

そして、

「あれはね”私は舞台が無いと生きていけないよの”と言ったの。

No life! No stage! 舞台はstage、豚肉はmeatのことね。」

そのあと2人は大声で笑った。
彼は「ブタイ」と「ブタニク」を聞き間違えていた。

日本人の私が想像するに、
「この人は、”私は豚肉がないと生きていけない~!”と絶叫しながら歌っているんだ」
と思い、大笑いしていたに違いない。

外国人と同時に大声で腹の底から笑える瞬間!あぁ、嬉しい!言葉の勘違いって、こんなに2人の間の距離を縮めるんだ!

ー聞き間違い・言い間違いが仲良くなるスパイスー

英語を勉強していると、聞き間違えたらどうしようとか、言い間違えたらどうしようと思って、英語が出てこないとよく聞く。

でも、そうやって聞き間違えたり、言い間違えて、笑いに変わると、外国人との距離が一気に縮まると思う。

今日も、豚肉と舞台を勘違いしている彼らを見て、そんな勘違いがあるんだ!と、とても面白かったし、彼らとの距離も、以前より縮まった感じがした。

もし言葉が完璧になってしまうと、こんな勘違いも生まれなくなってしまう。下手な間だからこそ楽しめる二度とない時間。
そんな時間は、とても愛しい時間だ。間違えて話せない方がコミュ ニケーションは面白くなる。

私が単語を探り出す間、彼らは完璧な待ち受け体制を作る。私は単語を探して、外国人は私が何を言いたいのか探して、私はいつも長い時間、外国人と見つめあっている。

そして絞り出たシンプルな英語、伝わった時の喜びも、間違えていた時の笑いも、どちらも2人が笑顔になる。

コミュニケーションの最大の楽しみは、「間違いと誤解」から始まると思う。失敗する方が断然面白くて、仲良くなれるから。

タイトルとURLをコピーしました