新しくオープンした【World Life】とは?

Jazz pianist

World Lifeな生活

クリスマス2020 in NY

サンタクロース、ホリデーシーズン、もみの木、トナカイ、スノーフレーク、デコレーションケーキ、リボンのかかったプレゼント、ローストターキー、こんな言葉を聞くと、もうとっても心がウキウキしてきますよね。 そう、待ちに待ったクリスマスの到来です。私は、子供の頃本当にサンタさんがくるんだと信じていました。
World Lifeな生活

ワールドツアー 回想録#2「アイルランド」その1

ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港を出発し約8時間。 2016年6月19日、パリのシャルル・ド・ゴール空港へ到着。 シャルル・ド・ゴール空港から、アイルランド系航空会社のエア・リンガス航空の飛行機に乗ってさらに1時間40分、アイルランド共和国の首都ダブリンへ到着。
World Lifeな生活

NYジャズクラブ#4 Blue Note / ブルーノート

『ブルーノート』ってご存知ですか?ジャズか、あまりジャズや音楽に詳しくない人なら、『ブルーノート』って言われると、青いノートを思い浮かべるかもしれませんが、決して青いノートではありません(笑)『ブルーノート』これは、ニューヨークのジャズライブハウスの名前です。
スポンサーリンク
World Lifeな生活

ワールドツアー 回想録#1「ビアケス/プエルトリコ」その2

アメリカから4時間。荷物が出てこないおかげで、空港で数 時間待ち、少しドキドキしながらついたフェリー乗り場。そ こからさらに時間をかけて向かったビアケス。 その時乗った船は、平たい、とても大きな板のような船。人や車、食べ物などの食料 品を一緒に運ぶ船。
World Lifeな生活

ワールドツアー 回想録#1「ビアケス/プエルトリコ1」その1

2000年問題、今の若い人たちは信じられないかもしれないですが、それで世の中大騒ぎ。ニュースでも取り上げられていたのを覚えています。そんなミレニアム問題が何も影響なく過ぎた1月のこと。私はカリブ海に浮かぶ島プエルトリコにいました。
World Lifeな生活

ジャズ・ヒストリー #5

ロックやファンクとの融合などを試みていたミュージシャンたちが、今度はアコースティック音楽との融合にも興味を持ち出すようになります。クラシックとうまく融合させた、ラリー・コリエルや、ドミニカのラテン音楽と混ぜ合わせたミシェル・カミロ、などオススメですので、是非一度聞いてみてください。
World Lifeな生活

ジャズ・ヒストリー #4

1960年前半には、ファンキージャズのオルガン奏者ジミー・スミスらが、パーカッシブなサウンドでソウルフルな音楽を作り続けていて、また、ストレートアヘッド、と言う呼び名でこの頃隆盛を極めた、モダンジャズの帝王マイルス・デイヴィスはここで飽きたらず、ますます実験的にいろいろなことにトライしていきます。
World Lifeな生活

NYジャズクラブ#3 Apollo Theater / アポロシアター・イン・ ハーレム

アポロシアターと言えば、スティービー・ワンダー、ジャクソン5(マイケル・ジャクソンがリードヴォーカル)、エラ・フィッツジェラルド、ビリー・ホリデイ、ダイアナ・ロス、マーヴィン・ゲイ、アレサ・フランクリン、ジェームス・ブラウンなどを生み出した、毎週水曜日のアマチュアナイト。
World Lifeな生活

NYジャズクラブ #2 Cotton Club / コットンクラブ・イン・ ハーレム

ウエスト・ハーレムの125丁目、赤のブロードウェイ沿いの地下鉄1、2または3のラインを北へ向かい、地上のハイラインとなる125丁目ステーション下車、そこから西(ハドソン川の方)へ約7- 8分歩くと、かの有名なジャズクラブ、Cotton Clubがあります。
World Lifeな生活

NYファーマーズマーケット2

先週のファーマーズマーケットの続き、お送りしますね。ユニオンスクエアのテントに、所狭しと並べられたこれらは、オーガニックの野菜たち。たくさん買い込みました。新鮮で、おいしい。土の匂いがする。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました