新しくオープンした【World Life】とは?
スポンサーリンク

身軽に英語を話すコツ!

World Lifeの英語術
この記事は約3分で読めます。

「引越しが決まったら全て売る!」って話を聞いて、どう思いますか?

 

実はこれ、私の話なんです〜笑

 

引越しと言っても海外への引っ越し。日本から海外へ、また海外から日本への引越しを何度もこなしている私の話です。

 

よく言われるのが

 

「海外への引越しや、海外から帰国って引越しが大変そう!!」

 

「そうでもないですよ〜〜」と私。

 

「きっと片付けが上手なんですよね?」

 

「あっ、それが、片付けはとっても下手なんです(><)」

 

「いえいえ、そんなことはないでしょう!!」

 

「どれだけ下手かって言うと、、、」

 

本当に私は片付けが下手です。特に大事なものほど、“大事だから失くさないように”っとしまいこんでしまい、どこにあるのか分からなくなる、、、これは日常茶飯事のことです(笑)

 

そして、どこに片付けて良いのかが分からなくなると、基本的に捨てます!!

 

そんな私がどうやって引越しを、それも家族中での引越しをこなしたのかをお話ししますね。何か少しでもお役に立てれば嬉しいです。

 

まず、引越しが決まります。その後のことですが、海外であれば全ての家具を売ります!

 

「えっ、全て売る?」と言う声が聞こえそうですね(笑)

 

はい、全て売ります!!

 

これがセーラ流、海を渡る引越しの時の基本ですね☆

 

基本的に私が住んでいた海外では、クローゼットがあることが多く、基本的にはタンスは必要ありません。そしてカーテン、電気はついているのが普通でした。

 

最近では、日本もクローゼットがある家が増えていますね。そうなるとタンスがいらなくなる、あるいは少なくできるので少し楽な引越しになってきますね。それでも時々電気とカーテンはその場所にあったものが、備え付けだといいなと思います。

 

その他に海外では、家を借りるときに、冷蔵庫がついていることも多かったです。もちろんオーブンなどは普通についています。そして多くの借家には、私の好きな食洗機もついているのです。ごく稀にソファやテーブルに椅子もついていたりすることもありました。

 

と言うことで、海外では、一番最初に買う家具はベッドだけ!!

 

そこから、家具を揃えていきます。もちろん必要なものだけですので、その時々で必要なものが違いますので。

 

特に子育て中だった、家族ではベッドもだんだんと大きくなっていったので、3年前後での引越しはとてもタイミング的には良かったですよ(笑)

 

そうなると自分の本当に持っていて必要なものって、そんなに多くないんですよ。捨て慣れている私は本当に荷物が少ないです。前回の引越しは私と息子の2人分、ところが引越しの業者の人に「本当にこれだけですか?」と何度も聞かれたくらいです〜笑

 

そんな私の英語の単語の語彙力も全く同じ感じなんです。

 

「必要ないものは捨てる!」つまり頭の中には残しません〜笑

 

これがセーラ流、身軽に英語を話すコツの基本です!

 

自分の中で本当に普段使う言葉だけを頭の中に残しています。実は、リスニングで引っかかってしまう人には、「この単語、知ってたはずなのに、、、」とそこばかりが気になってしまって、全体が聞き取れない場合もあるようですよ。そこをセーラ流に考えると、「記憶に残してないから、全体が理解できなければその人に聞けばいいよね〜。」と考えるのです!!

 

英単語を捨てるって、ベッドを捨てるより簡単にできますよ☆

 

Sara

タイトルとURLをコピーしました