新しくオープンした【World Life】とは?
スポンサーリンク

私の尊敬するカーロスマネージャー

World Lifeな生活
この記事は約3分で読めます。

こんにちはSaraです。

今日は私の尊敬する、カ―ロスの話をしますね☆

私、アメリカのお寿司屋さんで
英語ができないときからウエイトレスとして
バイトをしていました。

なんて無謀な~~笑笑

アメリカ人のウエイトレスしかいなかった中、
たった一人の日本人の女の子、
確か学生さんだったと思いますが
彼女が私の担当をしてくれました☆

他の日本人は、寿司を握る人が3人、
あとはSeijiさんというマネージャーさんがいて、
彼は日系ブラジル人で、
日本語は、たどたどしい感じだったのですが
私には、とても嬉しい助っ人でしたね〜〜〜笑笑

従業員は全部で25人、
そのうちの5人だけが、日本語が話せる人たちでした。

お客様はアメリカ人だけ、
半年ほど、そこでバイトをしていたのですが、
日本人のお客さんが来たのは1度だけでした~~~笑笑

半年たって、英語が話せるようになり
(普通の生活は困らないくらい)、
実は転職を考えていたんです☆

もともと歯科衛生士だった私は、
できれば、衛生士の仕事をしたいと思い、
他の仕事を探しはじめていたのです。

そして、相談したのが、
トップマネージャーのカ―ロス(Carlos)でした。
カーロスは、とても優秀な方で
本当にマネージメントが上手でしたね。
日本人、アメリカ人、メキシコ人を
何の問題もなく、まとめていたすごい人でした~☆

その時に言われたが、

「Sara(私のことですよ)は、
今、英語ができると思っているかもしれないけど、
違う仕事に付いたら、英語は1からやり直しだよ。
その覚悟はできているの?」って!!!

めっちゃ、響いた~~~~、この言葉!!

カーロスもメキシコの人で、
つまり自分自身が経験してきたことだったんですね。

そして、いろいろな話を私にしてくれました。
違う仕事に就くと、今まで使ったことのない、
聞いたことのない英単語を
勉強しなければいけなかったことや、
職を変わって、あまりの大変さに
後悔したこともあったようですよ~~~

そんなこともあってか、
何度か転職しているようでした〜笑笑

カーロスが言いたかったのは、

“苦労をする準備はできているのか?”

ということだったんです!!

ただ単に逃げたいだけでここを辞めるなら、
辞めない方がよい、と言われ、
覚悟ができたのならやってみろ、
とも言われました。

すっ、凄いわ、この人!!って思いました。

でも、私の中では覚悟はできていましたので、

もう一度、

「覚悟はできているからやめるんだ」

と言ったら、

「Saraは偉い!
その覚悟があるのであれば、
俺は応援するぞ!」

って、、、これがまたかっこいい!!!

私のアメリカで携わった尊敬する人の一人です☆

Sara

 

 

——————–
<編集者からのオススメ>

イメージフォニックスを元に
ゆっくりでも確実に英語力を上げる
『フォニックス本読み:トライアルセミナー』
↓ ↓ ↓
https://get.world-ed.jp/imatry_nor/
——————–

 

 


タイトルとURLをコピーしました