新しくオープンした【World Life】とは?
スポンサーリンク

パークにパーク!

World Lifeな生活
この記事は約4分で読めます。

先日、あるお店の前で見つけた注意書きの貼り紙。
そこには「自転車の絵」と共に、可愛らしくも勢いのある字で

“Don’t Stop!” と書かれてありました。

おそらく、お店の方が伝え語ったメッセージとしては、
「ここに自転車を停めないで!」
ということなのでしょう。

店員さんも、一生懸命に考えて書かれたのだと思います。
しかし皆様おわかりの通り、“stop”という動詞は基本的に、

「動いているその動作を止める」
「~をやめる、中断する、立ち止まる」

という意味ですよね。

自転車などを「停める」場合の単語…、
それは、そう、 “park”です。

「止める」と「停める」

ひらがなで書くと、同じ「とめる」でも、
このように漢字で書いてみると、イメージの違いがわかりやすくなります。

「停める」という意味の、この “park”という単語。
多くの人が最初に思いつくのは、名詞の「公園」という意味ではないでしょうか。

なのに、なぜ乗り物を「停める」という動詞の意味でも使われるのでしょうか?

“park”という単語は、もともと中世ラテン語の “parricus”、古フランス語の “parc”から来たと言われています。

その意味は、「囲い」「囲われた場所」「広い場所」。

つまり、「囲われた広い土地」のことを “park”と言っていたのですね。
野球場は “ballpark”、遊園地は “theme park”。
いずれも囲われた広い土地です。

中世イングランドでは、貴族たちが狩猟をする広い土地を “park”と呼んでいたそう。
石やレンガで土地を囲み、そこに鹿を放っていたそうです。

そんな、狩りをしに来る貴族たちの乗り物は主に馬車。

その馬車を “park”に停めるのですが、
その停めておく場所のことを「park内にある」ということから
“parking”と呼んでいたのだとか。

そこから「馬車を停める」という意味として、動詞の “park”としても使われるようになったと言われています。

また、もう一つの説もあります。
昔、軍事用の機材や榴弾砲などを「広く囲われた場所」である “park”に保管していたことがあったそう。そこから「parkに保管する」という意味で動詞の”park”が使われるようになり、それが「車などを駐車する」ことにも広がっていったという説もあるようです。

いずれにしても、「広く囲まれた場所」が “park”、
そして、そこに保管したり、停めたりすることも “park”と言うようになったのですね。

昔は狩猟や軍事機材などを置いていた場所だった “park”。
現代では、 「遊んだり、癒やされたりする場所」のように楽しいイメージです。
言葉だけでなく、その使い方、イメージも変わっていったのですね。

うちの近所にある公園も、一足先に河津桜が満開を迎えています。
そして、様々な人々、家族が写真を撮ったり眺めたりして春の訪れを楽しんでいます。

そんなみなさん、「公園」に「駐車(駐輪)」しています。
そう、 “park”に “park”しているんですね!

park に park!

こう考えていくと、やっぱり言葉って面白い!

そして、そのたくさんの自転車を見ていると、
日本は本当に自転車が多い国だということもわかります。

アメリカ、特に私のいたロサンゼルスは車社会です。
なので、自転車の比率は日本ほど多くはありません。

日本のようなママチャリと呼ばれる自転車ではなく、そのほとんどはロードバイクのようなスポーツタイプです。

駐輪するときは、ワイヤーロックなどでぐるぐる巻きにして、それはもう厳重にしておかないとすぐに盗まれてしまいます。

私も運転免許を取得するまでは、自転車で移動していましたので、駐輪する場所にはよく困っていました。
ショッピングモールやシェアバイクなどは専用の駐輪場所がありますが、一般的なお店などには駐輪場がない場所が多いんですね。

ですので、ちょっとした買い物や食事で駐輪するときは、この写真のように柱や木にくくりつける感じで停めていました。

でもこれ、絶対に抜けない柱や木を選ばないと、柱ごと盗まれることもありますので要注意!注意はしていても、タイヤだけ盗まれるなんてこともあるので驚きです。


さて、冒頭のお店の貼り紙、“Don’t Stop!”。

本来であれば、

“No bicycle parking”(駐輪禁止)のように書けばよかったんですね。

でも、もしかしてその貼り紙…。

“Don’t Stop!”(止まるな!)
「店の前に自転車停めちゃダメ!止まらずに通り過ぎて!」

ということだったのかもしれません。

なんだかそんな気もしてきました。

ということで、これから溺愛する愛犬の散歩に
近所の大きな公園に行って、春の訪れを感じてきます。

さて今日は、何台くらいの自転車が“parkにpark”しているかな?

タイトルとURLをコピーしました