新しくオープンした【World Life】とは?
スポンサーリンク

pの音が聞いてもらえなくてコショウがもらえない(><)

World Lifeな生活
この記事は約2分で読めます。

私が海外に住み英語を話し始めたころの話を少し☆

発音が悪く、通じなかったことをお話ししますね。

実は食事に行くと困ることがあったんです!!

それは塩と胡椒を頼んだ時。

実は塩は通じたのですが、なかなかコショウが通じにくかったんです(><)

何度も言うのですが聞き取ってもらえず、

寂しい思いをしながらも、塩だけで我慢したことが、、、笑笑

さて、今ならわかるのです、なぜ通じなかったのか?

実はpの音が通じなかったんです~~~笑笑

ではpの音の説明をしますね。

pの音は唇を使って息を唇にあて、唇を山で言うと噴火させる感じで音を出すんです。

「えっ! 噴火~~」と思うでしょ。実はそれくらいの力を入れないと聞こえないんですよ。

特に英単語の最初に来る場合はしっかり爆発させないと聞こえないですね。

この爆発する音って、結構耳に響いて聞こえるんですよ。

日本語の場合は「p」の音に「え」が組み合わさって「ぺ」という音に変化してしまうのですが、英語はこの2つの音を別々に考えているんです。だからこそ爆発するpの音が聞こえないと「エッパー」に聞こえてしまうんです(><)

このpの音って、言葉で説明するのはとても大変なんですが、できる限り説明していきますね。

pの音の特徴は爆発させる音だと先ほど言いましたが、

爆発した時に聞こえるか聞こえないような「パクンッ!」といった音が聞こえるんですよ。

これは文字で表現すると厳しいのですが一瞬で音が出てきます。その音が聞こえないと伝わらないんですね。

唇で噴火状態を作るときに気を付けないといけないのは、唇に力を入れないこと、

早く唇を開けてしまわないことなんです。

これって結構、日本語をしゃべれる人には難しい。

なぜかと言うと日本語は母音が常に子音とくっついて音が出ているので、

実は英語の発音よりも音がと~~~っても出しやすいんです。

だから小さな声でもきれいに聞こえるんですけどね~。

それはさておき、とにかく唇に力を入れてしまうと唇が噴火しません。

唇を上手に噴火させるには唇に力を入れないでくださいね!!

もう一つ、噴火させるよりも前に唇を離してしまえば、

もちろんpの音は出ませんよ~~~笑笑

しっかり唇を柔らかく、そしてタイミングよく音を出してみてくださいね☆

Pepperの場合、真ん中のppはそこまで強くはありませんので、

最初の音をしっかりだしてみてくださ~い☆

そしたらPepperも通じるようになりますよ☆

Sara

 
タイトルとURLをコピーしました