新しくオープンした【World Life】とは?
スポンサーリンク

桜が咲き始めましたね☆

世界に誇りたい日本
この記事は約2分で読めます。

運動不足解消なこともあり、

最近ちょっと時間をかけて

歩いて家に帰るときがあります。

毎日ではないんですけどね~~~~笑笑

先日、

夜だったんですが、歩いて帰る途中に

桜が咲いているのを発見!!

何と言えばいいのでしょうか、、、

桜って夜であっても、

街頭だけであっても、

なんか存在に気が付いてしまうんですよね~~~

仕事帰りだったのですが、

足を止め、写真を撮り、

と~~~っても朗らかな気持ちになりました☆

今は、いろいろなことが起きていて、

気持ち的には、とてもストレスを

感じやすくなっているときだけに、

と~~~っても、うれしいですよね☆

なんだか、気持ちがワクワクする感じなんです☆

そして、桜をきっかけに

いろいろなことを思い出す方も多いと思います。

さあ、そこで、

海外との感覚の違いを今日は少し、、、

よく、日本の特徴を海外の方に説明しようとして、

「We have four seasons.」

とお話しする方がいらっしゃいますね☆

もちろん、私もアメリカに住み始めたときは、

よく言ってましたよ~~

さて、この言葉、

ちょっと日本の人たちが伝えたいこととは

違って伝わってしまうんです。

もちろん、赤道直下の国の人たちには

四季は感じにくいかもしれませんが、

通常はいろいろな国で、

それなりに四季があるんですね。

温かい国であっても、少し寒い時期を迎えると、、、

もちろん寒い国の人から比べたら温かいのですが、、、

その時に、季節の違いを感じるんですね☆

つまり、多くの国で四季は感じているんです。

では、

日本の人たちは何を感じているかというと、

四季を味わうことが上手なんです☆

もともと、俳句や短歌が盛んな日本では、

季語があります。

つまり、言葉の裏の背景を

想像することができるんですね☆

桜を見れば、

もちろん海外の人たちも

“綺麗☆”という気持ちになりますよ。

日本語で“桜”という文字を見ただけで、

日本人は春を感じるんですね☆

そして、先ほども言った、

自分の思い出との照らし合わせが入ってくるんです。

そうなると

“桜”という文字、1文字で

いろいろなものを想像できるんですよ☆

特に、卒業、入学、

そんな時期でもある日本ですので、

思い出はたくさんありますね。

だから、歌の題名にも

取り上げられることが多いんですよ☆

みんなが“桜”という言葉に

いろいろな感情があるから、

心に響く、そして染みていく音楽に

なっていくんですよ☆

実はこの話、

本読みのインストラクターレッスンで出た話なんです☆

みんな桜で盛り上がりました☆☆☆

そんな話、

私だ~~~い好きなんです☆

Sara

 
タイトルとURLをコピーしました