新しくオープンした【World Life】とは?
スポンサーリンク

相撲と進化と革命の関係?

World Lifeな生活
この記事は約5分で読めます。

あなたは昔日本に、24時間英語で放送するラジオ局があったのご存じですか?

それは”FEN”と言って、世界中の米軍関係者向けの放送です。私ネットのない時代、よくこのFEN聴いてました。少しでもアメリカの空気吸いたかったのかも。

30歳頃だったか、ある日FENつけたら聞こえてきたのが、相撲の英語中継。でも決まり手とかは日本語なので、意外に分かりやすい感じ。

「呼び出し」の係が旗のような物を広げ、一列に土俵を回る懸賞紹介の場面ご存じでしょうか。懸賞を出した会社の名を、順番に読み上げていく館内放送…賞金は何本かな、と想像してた、その時。FENの実況者がびっくりするようなこと言ったんです。

“Three thousand dollars! Oh, that’s a good reason to fight!”
(3000ドル!戦う良い理由だ!)

と。

これどういう意味だと思いますか? 

「(総額)3000ドル!彼らはやる気でるよね!」位の意味。

つまり懸賞金の総額が多いので、二人の力士の戦意が増すと言う意味だったようです。

随分ざっくばらんだなと驚いたんです。一方日本の相撲放送では、お金の話題を意識的に避けているようにも….金銭を巡る大きな差を感じた驚き、今でもよく覚えています。

相撲のDNAは「回転」?

さて2021年の今は秋場所の真っ最中。FENの中継の思い出がふと蘇り、文化的な差に興味が湧き
ました。例えば「相撲」の訳。普通にJapanese wrestlingでいいのか…と気になったんです。

そしたら思った通りでした。

wrestling(レスリング)の語源を単語DNAで調べたんですね。DNAとは大昔の語源を探るツール。「戦う?押す?」のように予想してたんですが、これが全然違ってました。

wrestling のwre-の部分にあると分かったDNAは…「回転する(ヴェル)」。でもレスリングと回転って、何だか繋がらないですよね。

そこでYoutubeの動画で確認。そして私やっと、レスリングが「回転」の理由納得できたんです。

レスリングって二人の選手が一つ所でじっとしてないんですね。絶えず動き回る。バックや足を取りに行ったり、二つの身体が確かに「回る」ようです。寝技なら横にもゴロゴロだし…

大昔、「体が色々な方向に回る」という感じで「ヴェル(回転)」からwrestleが生まれたのかも。「押す」のような予想は、きっと相撲からの印象。格闘技と言っても様々なんですね。やっぱりJapanese wrestlingだけでは伝えきれない部分が残るのかもしれませんね。

「進化」と「革命」も元は「回転」

さてこの「ヴェル/回転」は、よくvolとして色々な所に現れます。例えば

evolution(エヴォル―ション/進化)とrevolution(レヴォル―ション/革命)の2語。紛らわしいですね。よく見ると1文字違いなのに、意味はかけ離れている感じ…どうなっているのでしょう。

やや細かくなりますが、evolutionのe-は「外へ」の意味。volは勿論「回転」-utionの辺りは「~すること」という名詞。結局evolutionは「回転し外に出ること」。つまり進化を、「自然界が回って(色々生物が)出てくる」と表してるようです。

evolution(エヴォル―ション) e-(外へ) + volution(回転) ⇒(自然が)回り(生物が)出てくる☞進化

revolutionの方は先頭にre-が。これは「再び」といった意味。だからrevolutionは「再回転」。結局、革命と言う社会の激変が「何度も回転すること」と表されてるようなんです。

revolution(レヴォル―ション) re-(何度も) + volution(回転) ⇒ (社会が)何度も回る激変☞革命

相撲をもっと不真面目に?

今回はwrestlingのルーツから「回転」、そして「進化」や「革命」に繋がるお話でした。単語のルーツや繋がりが分かると、色んな新しいことが見えてくるものですね。

「進化」や「革命」で思い出したのですが、スポーツは次々と「進化」・「革命」が起きているのはご存知ですか?

スポーツの収益をより高めようと思った時、エンターテイメント性をいかに入れることができるかがとても重要らしく、そのための「進化」・「革命」が次々と起こってるそうなのです。

例えばプロ野球。大昔はただ野球を見るだけでしたが、今ではピクニック先として野球場を選んでもらう取り組みや、ファン投票なんかもそうです。K1などに代表される格闘技も、音楽ライブのような形で試合を盛り上げてるみたいですね。

相撲が「進化」・「革命」するとしたらどうなるのでしょうか。個人的には、相撲って真面目過ぎて肩が凝る。何か面白い息抜きでもあればいいのにと思うんです。

笑わせるような相撲…と考えハッとしました。似たモノ、もうありました。あなたは聞いたことあるでしょうか、「初っ切り」って。

これは力士2人がふざけてとるコント的「相撲」。由来は技の解説などの余興。江戸時代すでにもう。ただ現在は地方巡業位…この「初っ切り」を15日間の場所中に行うというのはどうでしょう。

相撲はマジメ、これが今の当然。でも試しに計算してください。取組が一日200なら15日間で3000。真顔や渋面が計6000できる勘定に。少しやり過ぎでは?一度くらい気分転換しても、とやっぱり思うのです。

また笑いは気分転換以上なのかも。正反対の物があると、より強く感じるってありますよね。例えばスイカに塩をふると、より甘く感じるとか。相撲も、お笑い少し足して醍醐味アップ…となるような気がします。

初っ切りの活用…現実的な相撲改革案と思うのは私だけでしょうか。いずれにせよ相撲が進化し、より楽しいものになればと願っています。

See you later!

 

追伸 【動画】初っ切り(特別な相撲トーナメントで)
https://www.youtube.com/watch?v=mdszgf9ncY8

 

 

※私Jiroの投稿一覧は↓の「Jiro(今村 二朗)」をクリックして頂くとご覧頂けます。

タイトルとURLをコピーしました