新しくオープンした【World Life】とは?
スポンサーリンク

お腹タプタプになったシアトル

World Lifeな生活
この記事は約4分で読めます。

シアトルにスタバの1号店があるのを知っていますか?

5年前、旅行でシアトルに行った時のことです。もちろん、スタバの1号店に行ってみようと探したんですよ!!

古ーい写真なんですが、大体どこのスタバにも置いてあるんです。もしみたことがない人がいたら、一度探してみてくださいね。

ネットで場所を調べて地図を見ながら、ホテルから出て歩いていたら、地図の位置とは違うのですが、ホテルのすぐ近くにスタバを発見! ちょっとホテルから近すぎるな〜と思ったのです。なんとなく恐る恐る、そのスタバに入り、大きめのブラックコーヒーを注文しました。そして恐る恐る、、、

「ここは1号店?」

と聞いたら、違ったんです(><)

「ですよね〜」と自分に言いながら、日本と同じようにブラックコーヒーをゆっくり飲みながら、もう一度スタバの1号店を探すために地図を確認しました。

その地図をみがら、この店は地図とも全く違っていたし、間違っていて当たり前だったなと思いましたね(笑)

もう一度ちゃんとスタバの1号店を探してみようと思い、ちゃんと地図を見てたら、小さくスタバの1号店の文字が。

そしてもう一度、気持ちを新たに地図を見ながら、15分くらい歩いたら、また、スタバがあったんです。

でも1号店とはちょっと違う場所。

多くの人の行き来と、店に入っていく様子がなんとなく、そこが1号店のよう。でも地図上ではもう少し先、、、何で?

きっと私の頭の上には、たくさんのクエスチョンマークが出ていたと思います。

そして、恐る恐る、今度は注文をせずに聞いてみました。そしたら定員さんが、、、

「1号店はないんだよ。」

「え〜〜〜〜〜っ、ない!!!」

そんな〜〜〜、あるって聞いたのに、と思いながらコーヒーを頼んで詳しく聞いてみると、どうやら火事で焼けたと言う話なんですが、、、

「でも1号店ってあるんだよ。」

「え〜〜〜〜〜〜っ、あるんだ!!!!」

どっちなんだ〜(><)

そこからお店の人と盛り上がったのですが、どうやら本当に最初にできた店は焼けたようですが、その後すぐに今の1号店と呼ばれているところができたそうです。焼けたのが本当に1号店だったかどうか、また彼の話が本当かどうかは分かりませんが、結局1号店はあったのです!!

コーヒーを飲み終わって、もう一度歩き始めてすぐに、何やら人だかりを見つけました。写真を撮っている人がたくさんいました。「もしかすると!!」と思って近くに行ってみると、

「あった〜〜〜!」そう3軒目にしてやっと見つけたんです!!

ここだ!!!「写真と同じで狭い!!!」

本当に、本当に狭くて、店の中で飲むことはできませんでした。ただとっても店の中は活気があって、元気いっぱいの定員さんが何人もいましたよ。さっすが1号店!!

やっと見つけた1号店、もちろんコーヒーを飲むために、先ほどまでコーヒーを飲んでいたことを忘れて並びました。そして、その多くの人をテキパキと捌いている店員さんが、私のジャケットをみて「素敵、どこで買ったの?」と褒めてくれたんです!

これが海外の勢いですね!!
自分で素敵だなと思ったらすぐに声をかけてしまうんです!

もちろんそこから話が弾み、並んでいたお客さんにも参加してきて、スタバのコーヒーを持って立ったまま話し込んでしまいました。実はそのジャケット、シアトルに着いてから買った物だったので、

「日本から来て、シアトルで買ったんだ!」

「でも、店の名前を忘れちゃった!」と言ったら、

「分かる〜、私もすぐ忘れる〜」とまたもうひと盛り上がり。

とっても楽しい時間を過ごしました☆

ふと我に帰った時、2時間でコーヒーを3杯も飲んでいて、自分のお腹がコーヒーでタプタプになっていたことに気付きました(笑)

旅行の最後に日、シアトルを出る前に、どうしても声をかけてくれた彼女に会いたくて、もう一度その店に行きました。そして店に入って奥のレジの所を見たら、いました!!

もちろん注文するまでの列に並び、声をかけたら、私のこと覚えていてくれました。もちろん、その子にジャケットを買った店を伝えることができたんです。とっても喜んでくれましたね。
そして、待っている間に

「もうすぐ日本に帰るんだー」と言うと、

「日本に帰るんだ〜、また来てね!」と元気に言ってくれましたよ☆

たった、2回、たった20分〜30分くらいだったけど、本当に親しく盛り上がって話ができました。楽しかった☆

最近コロナ騒動で、私は人と人との距離感が、前よりも遠くなっているように思えるんです。今は海外がどうなっているのか、どんな感覚も分かりませんが、きっと海外も距離感が出てきているだろうなと予想しています。こんな楽しい話を軽くできるように、早くコロナが終息してくれるといいですね。

Sara

タイトルとURLをコピーしました