新しくオープンした【World Life】とは?
スポンサーリンク

『テンションって何?』

World Lifeな生活
この記事は約4分で読めます。

「あれ?今日テンション低いじゃん?」

先日、ある近所の方からこう言われました。
「なんだか夏バテみたいなんだよね。」
そう答えましたが、考えてみたら、

『テンションって何?』

「超テンション上がる~!」ってよく聞きますが、これが「超楽しい、うれしい!」
という意味だとわかるということは、
日本人の多くは、「テンション=気持ち、感情」と思ってるってことですよね?

たしかに英語には “tension”という語があります。
でもそれは、「緊張、不安」「ピンっと張っている状態」「電圧」などの意味。

なので、「テンションが上がる!」というのは、人間関係にあれば当てはめれば、
「相手との関係の糸がピンッと張って緊張感が増した状態」に近いかもしれません。



だから、「上がる、下がる」のではなく、「増す、緩む」という感じです。

「でも、電圧っていう意味もあるんだからそれじゃない?」

そう思う人もいるかもしれませんね。

う~ん…なるほど…。
「ボルテージが上がった~!」って感じで、感情の高ぶりを表している感じでしょうか?

“ I am high tension.”とか?

でもこれでは、「私は高電圧です。」です。(笑)

ヒョウ柄のビキニを着て、頭に角の生えたアニメのキャラクターくらいしか
この表現を使うことはできません。だっちゃ。


でも、なんで「テンション」という言葉が「気分」として使われるようになったのでしょう。

諸説あるようですが、最も有力かな?というのが「音楽用語」ということ。
音楽用語に「テンションコード」というものがあり、
あるミュージシャンがライブで盛り上げるために
「テンション(コードを)上げようぜ!」と言ったとか言わなかったとか。

そこから来ているのではないか?ということでした。

なるほど。でもそれでこんなに拡まるかなぁ。という疑問はさておいて、
また、もう一つ気になる言葉があるのです。

それは「リベンジ」。

「リベンジ」って復讐とか恨みという意味ですが、日本ではこんな風に使われています。

先日、テレビを見ていた時のこと。

「新しくできた人気のお店、今日は人が多くて入ることも難しそうです。次回、リベンジしたいと思います!」

テレビのリポーターが、意気揚々に話すのを聞いたときに
「わお、お店に恨みでもあるのだろうか・・・」と思いました。

“revenge”は「復讐/恨み」というネガティブな意味。
日本で使われているのは、「再チャレンジ」や「再挑戦」という意味。
同じ「リベンジ」でも使われ方が違います。

使い方を知っていて、日本で使っているならまだいいのですが、
本来の意味を知らずに、英語として外国の人に使ってしまっては赤面ものです。

もしも外国の人に対して、こんなことを言ったとします。
「あ~、昨日作ったお菓子、大失敗。明日またリベンジするつもり!」

「え?お菓子が何か悪いことでもしたの?」そう聞かれること間違いなしです!

「そうよ、材料の小麦粉が私に向かって一斉に飛びかかって来たのよ!」

それくらい言い返せるセンスと知識があれば言うことなしですが、

きっと多くの人は、

「え?何か変なこと言った?」とアワアワしちゃうかもしれません。

だってそれは、リベンジは「復讐・仕返し」というダークな意味であるということを知らないから。
でも、本来の意味と使い方を知っていれば使ってもいいと思うのです。

ここまで浸透してしまったのであれば、テンションもリベンジも、
使ってもいいと思います。

日本語として、ですが。

気分が上がったら、「ハイテンション」。
でも英語では、 “I’m excited!” etc.

「次回リベンジしよう!」。
でも英語では、“I’ll try it again!” etc.

敢えて知っていて使うのであれば、何かを言われたとしても

「ふふふ。日本ではね、こういう使い方もあるのだよ。英語のように感じるけど、実は日本語なのだよ。日本人の得意とする、外国語を日本語に変えちゃう忍法なのだよ。」って言えるじゃないですか。

リベンジといえば、その言葉の意味がよくわかるおススメのTVドラマがあります。

アメリカABCで放送されたその名も「Revenge」。

シーズン1が始まったのは9年前と、結構古いのですがDVDも出ているので興味のある方はぜひご覧ください。

毎回ハラハラする緊迫のストーリーに、「テンション」が上がったり、下がったりしますよ。

あ…そういえば、この前失敗したあの料理。
早速、今週末にもう一度作ってみようかな。

さあ、リベンジ、リベンジ!(笑)

なんちゃって。

タイトルとURLをコピーしました