新しくオープンした【World Life】とは?
スポンサーリンク

Kayo(平木かよ)さんのご紹介

World Life Story
この記事は約2分で読めます。
こんにちは
World Lifeの中井です。

本日は、新たにCOLUMNを執筆して
頂けることになった方を紹介致します。

Kayo(平木かよ)さんです。

Kayoさんは、New Yorkで長年
ジャズピアニストとして活躍されている方です。

今回は、プロフィールをご紹介させて頂きます。

ーーーーーーーーーーーーー
平木かよ / Kayo Hiraki

ニューヨーク在住
2017年より、世界屈指の米国グラミー賞の投票権を持つ。同じく米国スタインウェイ・ピアノ公認アーティスト。

現在、グリニッジ・ビレッジのジャズの老舗「Arturo’s」のハウス・ピアニストとして、週に5日、自己のトリオで演奏活動を続けて26年目。

ニューヨーカーに、スイングの楽しさを届けている。
ベースの巨匠、ロン・カーターとのトリオで、ブルーノート・NYへも出演。

JALの国際線機内誌でも、海外で活躍する日本人として大きく取り上げられた。

また、舞台「ヴィラ・グランデ青山」では山田優がジャズシンガーに扮するシーンでの、ミスティーのピアノ伴奏。

カナダ・トロント・リールハート国際映画祭でブロンズメダルを受賞した映画「Birth Day」への挿入曲提供と共に、ピアニスト役で出演。

フランス・パリ日本文化会館での館長招聘コンサートや、台湾にて、最大規模を誇る、台中ジャズフェスティバルへの出場など、世界を股にかけるスイング感あふれる彼女のピアノとボーカルには、定評がある。

定期的に、くにたち音楽大学ジャズ専修で講義を持つ。
ーーーーーーーーーーーーーー

次回は、Kayoさんに自己紹介して頂きます♫

タイトルとURLをコピーしました