新しくオープンした【World Life】とは?

Kayo(平木かよ)

World Lifeな生活

巨大バルーンに大歓声/ NY感謝祭

昨年は、コロナ禍のため、楽しく人びとが集まる行事はすべて取りやめでしたが、今年のニューヨークでは、例年通りのサンクスギビングデー、大パレードで幕を開けました。 アメリカ国内、各地の名だたる高校や大学から、マーチングバンド、ダンシングチーム、チアリーダー、プロかと思うような見事なパフォーマンス
World Lifeな生活

今欲しい!でもNYで入手困難な日本のもの

ホリデーシーズンとともに、ニューヨークは青森とか北海道に近い緯度ですから、結構寒い冬が待っています。1月、2月には、毎日最高気温が零下の日が続くこともザラ。 そこで、私が欲しいと思う、ニューヨークで入手困難な、日本のものナンバーワンは!
World Lifeな生活

NY市長給与は◯◯◯◯で

アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市では、先ごろ11月2日(火)に市長選挙が行われ、この8年間の2期で満期となるデ・ブラシオ市長の後任に、デモクラット(民主党)から立候補したエリック・アダムズ氏が当選しました。 エリック氏は、現在ブルックリン区の区長を務めており、ニューヨーク市では2人目の黒人市長です。
スポンサーリンク
World Lifeな生活

NYジャパニーズ・バー

今まで何度かお届けしている、ニューヨーク・ローカルのハッピーアワーで訪れている「バー」は、俗に言う「アメリカン(ローカル)• バー」で “ビールがお得意なバー” をご紹介してきました。 実は、この「アメリカン・バー」はビールが得意なバー”、ということがわかってないと、
World Lifeな生活

映画「ナイト・ミュージアム」の舞台

先日、久しぶりに、マンハッタン徒歩圏内ですが、お出かけらしきお出かけをしてみました。コロナ禍では、ここニューヨーク1年7ヶ月の間、不要不急の外出(散歩以外)はしないようにしていたので、久々のお出かけです。 学校も始まったし、きっと平日は空いてるだろうと、アメリカ自然史博物館へ。博物館のプラネタリウムで上映されている、宇宙に関する最新の映画25分も観ようと。
World Lifeな生活

NY地下鉄のデザインは日本人!

ニューヨークの地下鉄が、この7月から新しい車両に生まれ変わりました。そして、それらはなんと、日本人の宇田川信学(うだがわまさみち)さんのデザインによるもの。 地下鉄車両だけでなく、プリペイドの「メトロカード」の自販機や、各地下鉄ホームに付いている緊急用のヘルプポイント、また今ではニューヨークの
World Lifeな生活

「いよーっ、国が見えた!」1492年

「いよーっ、国が見えた!」の語呂合わせでお馴染みの1492年。 イタリア人、クリストファー・コロンバスが航海中に、アメリカ大陸を発見した、と言われています。(本当は、西インド諸島だったらしい)アメリカ合衆国では、2021年は10月11日の月曜日がコロンバスデー。
World Lifeな生活

アメリカには銀行通帳がない!

前回は、アメリカには戸籍がない、というお話をお届けしました。 今回お届けする、アメリカにない書類・・・。 それは、 銀行の通帳がない! そう、日本の銀行のような通帳がありません。 かなり昔は、銀行によっては、バンクブックというノートのようなものがあり、銀行に行くと、窓口の人が「手書き」で、いくら金額入れた、とか書いてくれるようなものがあったようですが、今はもうありません。 ATMを使うときに明細書が出てくるので、それをとっておけば良いと言うことになるようです。 最近は特に...
World Lifeな生活

アメリカには戸籍がない!

アメリカでは、日本と比べると、基本的にいろんな手続きの際、書類が少なくてすみます。日本のように、いちいち区役所に行ったりする手間が少ないのはいいことです。 でも、場合によって、んーん、人によってかな、日本にはない、意外な書類が必要だったりもします。
World Lifeな生活

NYへの帰り道でのお楽しみ

アメリカでも有数の夏のリゾート地、メリーランド州オーシャンシティでの、バケーションの様子をお届けしていたシリーズ。 今回が最終回です。 オーシャンシティでの滞在の様子は前回までですが、実はニューヨークまでの帰りの道中にも楽しみがあり、今回はそんな様子をお届けします。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました