【World Life】とは?
スポンサーリンク

イギリス英語のトリビア

World Lifeの知恵袋
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

Hello everyone.
Noriです!

今日は英語のトリビアやっていきたいと思います。

今回のトリビアは、

「イギリス英語には、フランス語がたくさん入っている☆」

というお話です。

実はですね、フランスって、一時期イギリスを占領していたことがあるんですよ。まあ近いですしね。

ドーバー海峡挟んですぐなんです。フランスはイギリスの真下で、泳いで渡る人がいるくらいですからねw

そんなに近い割に、発音とか言葉があまりに違いすぎるのは不思議です。もうちょっと、イタリアとスペインくらい似ててもいいんじゃないかと思うんですが。まあ間に海があると、あんなに違っちゃうんですね〜。

でも、イギリスの英語ってね、フランス語のスペルとか、フランス語の発音とか入っちゃっててですね、本来の英語の発音ではないのが、多々あるんですよ。

その中で、代表的なものをいくつか紹介していこうと思うんですが、

その点ね、アメリカの英語の方が、実はオリジナルの英語の発音をしているんですよ。多分、イギリスからアメリカに渡って〜、フランス語の発音をしているのが、嫌だったんでしょうね。それで、こういう表記なら、こういう発音だろう、って直したんじゃないかと思います。

ではいくつかいってみましょう。

まずは、私もよく見てます、「ユーチューブ(YouTube)」

この「チューブ(tube)」のところ!

続きはこちらから聞いてください☆
↓ ↓ ↓
https://radiotalk.jp/talk/814513

 

タイトルとURLをコピーしました