新しくオープンした【World Life】とは?
スポンサーリンク

米が安いアメリカ!

World Lifeな生活
この記事は約3分で読めます。

「海外だと日本食を作るのは大変だよね?」と聞かれることがよくあります。

私、料理苦手なんです! 特に日本食(笑)

実はお肉料理はとっても上手なんですよ、ステーキとか、、、

「それって料理?」と聞かれそうですが(笑)

もちろんそれだけではないですよ~。ではどんな食材を使って、どんな料理を作っていたかを少しお話ししますね。

まずは、お米の話からアメリカのロサンゼルスに住み始めて2年経った頃、お米が安いことに気がついたんです!

その頃、50Kgのお米が14ドル、その頃のレートで確か2000円ちょっとだったと思います。めちゃくちゃ安かったんです!

それが分かってから、鍋で米を炊けない私なのですが、炊飯器を買ったんです。それまでの2年間お米を炊くことはなく、ずっとパンと麺で済ませていたんです。

その安かったカリフォルニア米、実は日本のコシヒカリから作られているそうです。結構美味しかったんですよ。私は満足してましたよ。そこからは、日本食も作り始めましたよ☆

それまでは、どんな料理を作っていたかと言うと、アメリカやオーストラリアでは、肉が安いのでステーキやバーベキューで食べてましたね。

実は、果物や野菜も安かったですよ☆

生野菜好きの私にはとっても嬉しかったですね。セロリとかだと一房ごと買うので、とってもたくさん食べれましたよ☆

鶏肉の足などは20本くらい入っていて4ドル、つまり当時の価格で600円くらいだったんです。そう考えると色々な料理ができそうでしょ☆

食材としては、どの海外のスーパーでも醤油は売っていました。だからなんちゃって日本食は作れましたよ。

また、スパゲッティの麺なども安かった記憶があります。そして、親切なのがスパゲッティのソースが物凄く種類が多く、とっても使いやすかったですね。

子ども達が大きくなってからは、一緒にパイ生地に色々なものを包んで作っていましたね。ソーセージや野菜、子ども達が好きなものを入れて作るんです。とっても喜んでいましたね。パイ生地も安いのとオーブンが必ず家にありましたから、すぐにできる料理の1つでしたね。

さて、ここまでくると

「味噌汁は恋しくないの?」と聞かれそうですね。

実は小さい頃から味噌汁が苦手で、特に大根が入った味噌汁が苦手だったんです。私の母は日本食が得意で好きだったんですよね。ただなぜか私は、とっても日本食が苦手だったんです。今考えると、日本食ってとっても体に良いものなんですけどね。

ただ、日本食に関係するお米や醤油などは安かったのですが、日本食を食べようとするととても値段が高くなるんです!

お寿司なんかは高級料理です☆

今ではもちろん、日本食もどんどん広がっていて、多くの方が食べています。それもお箸で☆

ただ、日本食の中でも深い意味を持つおせちなどは、まだあまり知られていません(><)

もしあなたが外国人と英語で会話する時、お寿司なんかのメジャーなご飯だけじゃなく、日本食が持つ意味なんかも一緒に伝えられると、とっても盛り上がると思いますよ☆

Sara

タイトルとURLをコピーしました