新しくオープンした【World Life】とは?
スポンサーリンク

NYチップってどのくらい?

World Lifeな生活
この記事は約4分で読めます。

アメリカでは、チップの制度があり、自分のために何かをしてもらった時、そして、それが嬉しかった時に、感謝の気持ちをキャッシュで、その場で渡します。

これが、その制度をとっていない日本人には、なかなか難しい。どの人に渡せば良いのか、いくらぐらいだと失礼にならないだろうか、不公平にならないだろうか、と。

今回はそんなチップについて、面白かった体験なんかも含めてお話します。

 

以前私の両親が初めてニューヨークに来た時、私が滞在中のアパートの、ドアマンやエレベーターボーイにまで、いちいちチップを1000円位ずつ渡していました。

両親曰く、「わざわざドアを開けて、荷物を持ってくれるし」「わざわざ僕たちのためにエレベーターに乗って、手動でドアを開閉し、必要な階まで乗せてくれる」と。

確かに、そう聞くとチップが必要な気もしますが、これらは、住人が払っている管理費からちゃんと給料が出ているので、そういう通常の業務にはチップは要らないんです。
なので、チップをもらった彼らは、とても嬉しかったらしく、あなたの両親は本当に素敵な人たちだ!とその後、私が何度言われたことか(笑)

でも、例えば、彼らがものすごく重い荷物が届いていたのを、部屋の階まで運び上げてくれていたとか、具合が悪くなったので急遽、犬の散歩を代わりにちょっとお願いしたとか、棚が壊れて困っていたのを直してくれたとか、そんなときには、お心付けとして、チップを渡します。

 

そして、1番大事なのは、年末、クリスマスのギフトです。ドアマン、エレベーターボーイ、掃除の人たち、セキュリティ、そして郵便配達人、1人ずつ顔を覚えておいて、かわいいカードとともに、1年分の感謝を込めて、多めのキャッシュを入れて渡すのが、こちらの通例のようです。

はい、ご想像の通り、結構大きな出費となります(笑)。でも、これを忘れない方が、次の1年が心地よく過ごせるみたい。きれいに窓を掃除してくれたり、とか。反対に、クリスマスプレゼントを忘れた家には、来てくれなかったりとか、なかなか、顕著に現れる場合もあるようで(笑)

 

さて、外で渡すチップと言えば、まずはタクシー(イエローキャブ) のチップ。乗車運賃の10%ぐらいで渡します。最近は、アプリ配車サービスの、ウーバーやリフトがどんどん人気になってきているのですが、それらはチップ込みの金額が、クレジットカード引き落としになるので、いちいちチップなど考えなくて済むので、確かに楽ですね。

そして、外で考えるチップとして、やはり大きいのはレストランでしょうか。まず通常の飲食で支払う金額として、今ニューヨークの相場では、飲食の総額+約9%のタックス+飲食代の20%ほどのチップ。

支払う際の簡単な計算方法としては、もし3000円食べたとしら、税金が約300円、そしてチップが3000円の20%ですから600円、それらを足して、約4000円払い、そこでニューヨーカー得意のセリフ☆

「No change!」
(おつりは取っといて!)

って感じです。

3000円食べたら、支払いが約4000円というニューヨーク。12,000円食べたら、約16,000円支払うというニューヨークであります。ですから、チップ制度のない日本へ戻りますと、レストランがとにかく安く感じられます☆

最近は、コロナ禍でレストランも経営が大変で、コロナ感染防止費(?)みたいな項目で、別途10%ほど上乗せしているお店もあり、賛否両論となっています。

アメリカのレストランやバーで面白いのは、レストランで、ウェイトスタッフが、

「調理場で、間違えて1つ余計に作っちゃったらしいの。これ、とってもおいしいから、食べてみて」

ってアペタイザーを1皿おまけに出してくれたり。
バーテンダーが、

「カクテル多めに作りすぎちゃったから、ちょっと味見してみる?」

って、高級そうなカクテルを、本来の半分近くもの量を普通のコップに入れて、味見させてくれたり、とお客さまの入りが少ない日には、そんなラッキーなこともちょこちょこあります。
つまり、彼らも、チップを稼ぎたいわけなんです(笑)

数年前のニューヨークでは、バーテンダーが、お客さんが3杯飲むと、4杯目は「On the house!」と言ってお店がおごってくれる、バイ・バックという習慣がありました。

3杯目を飲むと目の前に、空のグラスを逆さに置いてくれるんです。これで、この人の次は4杯目(お店のおごり)っていうことが分かります☆

でも、実際3杯も飲んでしまうと、4杯目はじつはもうあんまりいらないのですが、ついつい奢りだと頂いてしまい、酔っ払う羽目になります(大笑)。

そして、こんなときには、大盤振る舞いでチップをはずんだりするんです☆こんなに楽しくさせてくれて、ありがとう(>_<)!!って。

しかしながら、この習慣は、あまりに街に酔っ払いが増えるので、今は法律で禁止となりました。大変に残念なことだと思います(笑)。

最後に!、これは我田引水と思われますと恐縮ですが、ミュージシャンへのチップですね〜(笑)。

聴いて頂いて、なんだかウキウキしたり、すーっと涼しい風を感じたり、気持ちが弾んでココロが熱くなったり、楽しかった!!と思われたときにはどんどんご遠慮なく、恥ずかしがらず、チップジャーを埋めてくださいね〜。

ではまた来週。

 

タイトルとURLをコピーしました