新しくオープンした【World Life】とは?
スポンサーリンク

ハンバーガーはサンドイッチ

World Lifeな生活
この記事は約4分で読めます。

前回は,アメリカ英語,イギリス英語など多様性のある “Englishes”を区別せずに使ったり学習したりしている日本,についてお話しました。

でもそれは同じ英語であって,表現が違うだけ。
「へぇ,イギリスではこうやって言うんだ。」
「アメリカ英語とイギリス英語では違うんだ…。」

ということがわかるとより言語学習も面白くなります。

今回は,「え,そうだったの?」という,ちょっと勘違いして使っている英語をかる~く紹介したいと思います。

皆さんは,ハンバーガーは好きですか?
私は大好きです。
特に生の玉ねぎスライスを挟んだものが大好物。

でも日本にはあまりないんですよね。

なので,持ち帰りにして自分で玉ねぎを5mmくらいの厚さに輪切りにして挟んでBBQソースを足して食べています。

と,私の好みの話は良いとして…
ハンバーガーと聞いて,どんなものを思い浮かべますか?

チーズバーガーにチキンバーガー,
それとも,日本から世界へ広まったてりやきバーガー?
ベーコンレタスバーガーやエビカツバーガーもいいですよね。

さて,どれも美味しいこれらのハンバーガーですが,この中には間違いがあるのです。

それは,「 “burger”(バーガー)ではないものがある」ということ。

実は,前述した中で言うと「チキンバーガー」と「エビカツバーガー」は,”burger”ではなく, “sandwich”(サンドイッチ)なのです。


きっと多くの人は,サンドイッチというと「食パンにハムやチーズ,レタスなどを挟んだもの」を思い浮かべると思います。

英英辞書の Merriam-Websterでサンドイッチの定義を調べてみると,

Definition of “sandwich” (「サンドイッチ」の定義)
1 a: two or more slices of bread or a split roll having a filling in between
 (2枚以上のパンまたはロールパンの間に具材を挟んだもの)
b : one slice of bread covered with food
 (食材に覆われた一枚のパン)

2枚以上のパンで食材を挟んだものがサンドイッチ。
そして,ロールパンの間に具材を挟んだものもサンドイッチ。
ということは,皆さんご存知のホットドッグもサンドイッチということになりますね。

b.の説明のように,一枚のパンの上に食材を乗せたオープンサンドもありますが,基本的に,「2枚以上のパンで挟んだもの=サンドイッチ」
となるということは,総称してハンバーガーもサンドイッチということになります。

「じゃあ, “hamburger”って何?」と思いますよね。

では, “hamburger”の定義を見てみましょう。

Definition of “hamburger”(「ハンバーガー」の定義)
1 a : ground beef(牛ひき肉)
b : a patty of ground beef (牛ひき肉のパティ)
2 : a sandwich consisting of a patty of hamburger in a split typically round bun
 (ハンバーガー(牛ひき肉)を丸いバンズで挟んだサンドイッチ)

と書いてあります。

そうなんです。

日本では,丸いバンズに野菜やお肉などを挟んだものを「バーガー」と総称して呼んでいますが,実はそう呼べるのは「牛肉のパティ」を挟んだ場合のみなのです。

確かにアメリカのハンバーガーチェーン店のメニューを見てみると,チキンの場合は “Chicken Sandwich”(チキンサンドイッチ)となっています。

なんということでしょう。
牛肉のパティのみだったなんて。

だから,「チキンバーガー」は,「チキンサンドイッチ」であり,「エビカツバーガー」も「エビカツサンドイッチ」が正解なのです。

「日本にはライスバーガーなるものもあるぜ!」

確かにあります。

私はなんとなく違和感を感じているので,未だにライスバーガーは食べたことがないのですが,確かに大手ハンバーガーチェーンだけではなく,最近では冷凍食品コーナーにもありますよね。

天ぷらをご飯で挟んだ「かき揚げライスバーガー」など,その種類もいろいろあるようで,「へぇ,こんなのがあるんだ!」と驚くこともしばしば。

でもね,それらは前述の説明のとおり,「バーガー」ではありません。
「牛肉」を使っていないとバーガーとは言えないのです。

「じゃあ,焼き肉ライスバーガーだったら牛肉を使っているのでバーガーでもいいじゃん!」

そう思った人,それもダメです。

丸いバンズを使わないと「バーガー」ではありません。

ライスバーガーは,「おにぎりサンド」。
それでいいじゃん…って私は思うのです。

だから「丸いもので挟めば全てバーガー」だと勘違いしちゃうんだから。

これまで完全に,バンズで挟んだものは全て『バーガー』だと思っていたアナタ!

今度,「チキンバーガー」や「とんかつバーガー」など「牛肉を使っていないのにバーガーを名乗っているもの」を見つけた場合,そばにいる人にこのウンチクを「ドヤ顔」で語ってあげましょう。

「へぇ,そうなんだ。」と言ってもらえるか,

それとも

「何だって,美味しけりゃいいじゃん!」

って言われるかもしれませんが…。

コロナ禍が収束した際には,ぜひ,アメリカのハンバーガーも食べて見てくださいね。

私が超おすすめするのは,IN-N-OUT というハンバーガーチェーン。

ここは本当におすすめです。

タイトルとURLをコピーしました