新しくオープンした【World Life】とは?
スポンサーリンク

コロナが収まってきた気配のNY

World Lifeな生活
この記事は約4分で読めます。

2020年3月半ばからロックダウンされていたニューヨーク、今少しずつ通常に戻ってきました。今回は、そんなNYの現在の様子をお届けします。

1年以上かかりましたが、ようやくレストランの屋内営業や、バーでの飲酒ができるようになりました。ここに至るまでに、多くの飲食店を含む小売り店などが、潰れてなくなってしまいました。

写真のグリニッジビレッジのお店も、数ヶ月前までは、屋外テーブル席を作って頑張っていたけれど、とうとうクローズ。

 

アメリカの政治的な出来事として、5月末には再度イスラエル・パレスチナ問題が白熱化していることを受けて、ブルックリンでユダヤ人によるカウンターデモがあったり、黒人であるというだけで、警察官に暴行され殺されたジョージ・フロイト氏の1周忌にあたり、ニューヨーク警察の前やNY州各地で、デモなど講義集会が行われたりしています。

アジア人がヘイトクライムで狙われる、ということがアメリカ各地で起こっているのは、ご存知の方も多いかもしれませんが、このヘイトクライムという犯罪は、突然殴られたり蹴られたりの暴行を受けただけではヘイトクライムとして適用できないようなんです。

言葉で、「君がアジア人だから殴る」と言われたり、もしくは犯人が潜在的に「アジア人のおかげでコロナが世界中に蔓延している、と普段からアジア人を嫌っていた」などの証明ができないと、普通の暴行事件として片付けられてしまうのだそうです。なんともはや。

 

映画館は、今年の3月に1年ぶりにオープンし、その時は収容人員の25%まで(最多で一劇場につき50名までの制約付)でしたが、4月からは33%までオーケーとなり、この7月1日からは100%の観客で、認められることになっています。

ブロードウェイのミュージカルは、昨年ロックダウンになってすぐに、「来年(2021年)の6月末まで自主休業」と発表され、とうとう今月までそのとおりになりました。そんなミュージカルも映画館と同じく、7月1日からすべてオープンする模様です。

 

アメリカ政府により、ワクチン接種を済ませた人は、「マスク着用と2メートルのソーシャルディスタンス」を免除されることとなりました。

しかしながら、それは屋外での話。屋内では、未だマスク着用が望ましいとされています。ワクチンをしていない人もいるからです。今のところ、どのレストランでも、従業員はマスク着用が必須で、利用客も、屋内へ入る場合はマスク着用が求められます。

暖かめの日は、爽やかな風の中、アウトドアに設けられたテーブルスペースが人気ですけれど、この先、真夏日には、クーラーの冷風を求めて屋内へ入ってくるお客さまも、増えることでしょう。このエアコンにもコロナ禍でいろいろ制約があり、フィルターやダストの清掃、空気清浄機の義務付けなど、細かく指示されているようです。

アウトドアのテーブル席に向けて、声を張り上げ、がんばって演奏しているミュージシャンも、見かけられるようになってきました。

先日30度近くまで上がる日が2日続けてありましたが、逆に今週末は気温が10度にも満たないぐらい。今日は雨も降り肌寒い。日本人が寒いと鍋を囲みたくなる心境で、アメリカ人は、寒いと、熱々のピザを食べたくなるらしいのですよ(笑)

本日はArturo’s に演奏で来ていますが、お客さまひっきりなしの混みようです。Arturo’s はビザが美味しいのでも有名なんですが、やっぱり、今日はあまりに寒くて、みんな鍋を囲みたい気持ちなんだ〜。どれだけ寒いって、私はお店までダウンジャケットを着て来ました。明日はメモリアル・デー(祭日)で、暦の上では、アメリカでは明日から夏が始まるとされるんですが、なんという寒さじゃ〜。

 

最近のニューヨークの話題として、5月30日付のニューヨークタイムズ紙によると、人々が少しずつ出かけるチャンスが多くなってきたのですが、そんなチャンスに水を差すかの様に、「ウーバー」や「リフト」などのネットでの配車サービスが、値段が倍ほどに値上げされたそうです・・・。

以前までは、ニューヨークタクシー(特にイエローキャブ)より値段がグンと安く、価格競争で市長から文句を言われたりしていたネット配車ですが、今度はイエローキャブのほうが安いので、人々がそちらに流れるという方向になっているそう。

実際、空港等では、ドライバー不足のためウーバーが1時間以上顧客を待たせたりするような状況にも陥っているとか。

そして現在、ニューヨークに観光に来ると、ワクチンも打てるっていう、なんだか凄いことになっています。そんなツアーが盛況なのだとか。アメリカに到着の際には隔離もなんにもないので、来る分には簡単みたいですが、日本へ戻る時は、色々と制約があるので、お気をつけください。

だんだん元気を取り戻しつつあるニューヨーク!日本はオリンピックがもうすぐですね。この4年間、じゃなく5年間だ、練習に練習を積み重ねてきた選手の方々の気持ちを考えると、なんか興奮しますね。現在はこんな状況ではありますが、精一杯、力を発揮して欲しいと思います!コロナ禍でも必死で頑張ってこられた大勢の方たちにも、思いを馳せたいと思います。

アメリカに住んでいると、普通のテレビでは日本人選手の中継はほぼ見られません。アメリカ人選手ばかりです。でも、最近はネットがあるので、日本の選手も見れると思いますので、開催の際は思いっきり応援したいです♪

ではまた次回

タイトルとURLをコピーしました