新しくオープンした【World Life】とは?

平木かよ

World Lifeな生活

アメリカには銀行通帳がない!

前回は、アメリカには戸籍がない、というお話をお届けしました。 今回お届けする、アメリカにない書類・・・。 それは、 銀行の通帳がない! そう、日本の銀行のような通帳がありません。 かなり昔は、銀行によっては、バンクブックというノートのようなものがあり、銀行に行くと、窓口の人が「手書き」で、いくら金額入れた、とか書いてくれるようなものがあったようですが、今はもうありません。 ATMを使うときに明細書が出てくるので、それをとっておけば良いと言うことになるようです。 最近は特に...
World Lifeな生活

アメリカには戸籍がない!

アメリカでは、日本と比べると、基本的にいろんな手続きの際、書類が少なくてすみます。日本のように、いちいち区役所に行ったりする手間が少ないのはいいことです。 でも、場合によって、んーん、人によってかな、日本にはない、意外な書類が必要だったりもします。
World Lifeな生活

NYへの帰り道でのお楽しみ

アメリカでも有数の夏のリゾート地、メリーランド州オーシャンシティでの、バケーションの様子をお届けしていたシリーズ。 今回が最終回です。 オーシャンシティでの滞在の様子は前回までですが、実はニューヨークまでの帰りの道中にも楽しみがあり、今回はそんな様子をお届けします。
スポンサーリンク
World Lifeな生活

このためにOcean Cityに来た!

この夏はシリーズで、アメリカ・イーストコーストのメリーランド州、オーシャンシティから、アメリカン・バカンスの様子をお届けしています。 今回は、このためにOceancityに来た!と言っても過言では無い(笑)、ロブスター・ディナーのお店と、ブルークラブ食べ放題のお店をお届けします。
World Lifeな生活

すぐに常連さん価格になる方法

オーシャンシティは、夏のリゾートとして人気で、ニューヨークから約400km、ハイウェイを南へ下った、イーストコースト沿いの、南北へ続く、細くて長ーい島のような感じ(砂嘴)のところです。通常の人口は約7,000人程度ですが、夏の週末には、約32万人ほどに膨れ上がるとのこと!
World Lifeな生活

毎年ヤシの木に数億円掛ける店

ここ数年気に入って、毎夏に訪れている、アメリカメリーランド州の海辺の街、オーシャンシティ。今年は、コロナで、どうしようかと迷いましたが、いつまでも引きこもっているわけにもいかない!という思いと、ニューヨークが、少しずつ元に戻っているという状況もあり、行くことにしました!
World Lifeな生活

クルーズ船の特等席ってどこ?!

午前10時、いい感じの、ブランチの時間となりました。午前10時、近所のサハラ・ホテル1階のカフェ「サハラ・カフェ」へ。思いっきりローカルな雰囲気のダイナー(アメリカ式一般食堂)で、2年前に行ったときには、見事にグレーヘアの、陽気でとても感じが良いおばあちゃんが、元気にウェイトレスをしてました。
World Lifeな生活

海辺の街オーシャン・シティ

ニューヨークより車で約4時間半のドライブ、メリーランド州、海辺のオーシャン・シティに到着したものの、ホテルにチェックインにはまだちょっと時間があった。とにかく車を止めて、海岸沿いを歩いてみたい。潮風に思いっきり吹かれたい。ボードウォーク沿いには、冷たいビールが待っている。
World Lifeな生活

海辺の街の今

いつまでも引きこもっているわけにもいかない!という思いと、ニューヨークが、少しずつ元に戻っていう状況もあります。せっかくのビューティフルな夏、コロナ大丈夫かな・・・、と半信半疑ながらも、今年8月の2週目は、1週間ばかり、南の州の海岸へ出かけることにしました!
World Lifeな生活

小学校に教科書がない!

アメリカでは、9月から学校の新学期が始まります。ニューヨーク州では、小学校なども、いよいよネット授業ではなく、学校に通えることになるので、子供たちはもうウキウキ。 この時期、ペアレンツにとっては、学校に必要な道具を買いに行く事を“スクールショッピング”と呼び、一大出費イベント(!)があります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました