新しくオープンした【World Life】とは?
スポンサーリンク

心の距離はいつも側に

World Lifeな生活
この記事は約4分で読めます。

『ソーシャル・ディスタンス』。

そう聞くと、いつもどうしても頭の中にコレが流れてくるのです。
昭和にヒットした曲、そう3人組のあのグループです。
わかる方はいらっしゃるでしょうか(笑)

と、冗談はさておいて、

“Social distance” 訳すと「社会的距離」。

社会的距離



社会的距離というと、なんとなく「社会の中にあるいろいろな隔たり」のようなイメージが頭に浮かんでしまう私。

そんなことを考えていたら、海外のニュースなどでは
“Social distancing”と言っているではないですか!

この違いは何だろう。う~ん、知りたい!
そうなると追求しないわけにはいきません!

私は、英語を中心とした教材の制作を日々行っているのですが、
ある日、英語の音声を収録するために新宿にあるスタジオへ向かいました。
ビルのエレベーターで、馴染みの声優さん(アメリカ人)とバッタリ。
もう長い付き合いの声優さんで、NHKをはじめTVやラジオ、書籍など様々なメディアで活躍されている方。
こと英語という言語に関しては私が最も尊敬する人であり、私の師匠でもある方。

だから聞いてみました。

“Hey, I have a question for you.”(ちょっと質問があるんだけど。)
“What? Oh, do you want to marry me?(何?あ、私と結婚したいの?)
というアメリカンなのかどうなのか、訳のわからない会話から始まったのですが、

ちょっと真剣に、

“What’s the difference between “social distance” and “social distancing”?”(ソーシャル・ディスタンスとソーシャル・ディスタンシングの違いって何?)
と聞いてみたんです。

“Oh, that’s a good question. (それはいい質問だね。)と言いながら、

「ソーシャル・ディスタンシングは、今回の新型コロナウィルスがきっかけで一般的にもよく使うようになったけど、ソーシャル・ディスタンスは前からあった言葉だよ。」とのこと。

ふむふむ。なるほど。

“Social distancing”は、感染予防のために「人との距離をとる」という意味に特化して使われるもの。」だという。

対する“Social distance”という言葉は、社会的階級や人種、性別、セクシャリティ、宗教など、心理的な距離を表す言葉として昔から使われている言葉で、時には差別的な意味になってしまうこともあるそう。

「じゃあ、時代の流れを考えても “Social distance”よりも、 “Social distancing”を使わないとだよね!?」

「う~ん、でもやっぱりわかりにくいよね。日本人は簡単だからという感じで “Social distance”の方を使ってるんじゃないかな。」

「ああ、だからWHOは紛らわしいSocial distancingよりも、物理的な距離をとるという意味の「 “Physical distancing(フィジカル・ディスタンシング)を使うようになったのか。」

そんな話をしてからスタジオに入り、いつもの英語の音声の収録を始めました。

“Social distancing” “Physical distancing”

いずれも、「感染予防のために人との距離を設ける」という意味。

だけど、 “Social distance”は、「心理的な距離」の意味合いとなってしまい、時には差別的に思われてしまうこともある。

言葉って不思議です。
ちょっとした違いだけで違う意味になったりするんですから。

さて、この疑問の発端となった新型コロナウィルス

本当にやっかいなウィルスです。
感染ももちろん怖いのですが、これまで当たり前だった様々な生活パターンを変えてしまったのですから
そして、それがストレスになってイライラしたり、気分が落ち込んだりと、心の不調を感じる人も多いと思います。

だけど私は、そんな時だからこそ「人との心のつながり」を大事にしたいと思うのです。

日本では、Social distanceという言葉が定着してきています。
もちろんそれは “Social distancing”という「人との物理的な距離をとりましょう。」という意味での使い方です。

なかなか思うように移動できなかったり、人と会えなかったりする今、
『ソーシャル・ディスタンス』とは言っても、距離を置くのは物理的な部分だけにして、
人としての「心の距離」だけは近くに感じていたい。

私はそう思うのです。

もしかすると「相手を思いやる心」、その大切さを改めて考える時期に来ているのかもしれません。

適切な「ソーシャル・ディスタンシング」を保ちつつ、「心の距離はいつも側に」を意識して、このウィルスを乗り越えましょう!

人類が一日も早く新型コロナウィルスを克服し、さらなる明るい未来が来ることを願って。

タイトルとURLをコピーしました