【World Life】とは?
スポンサーリンク

世界一自由な学校、あなたは行きたい?

World Lifeな生活
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

あなたは学生時代、「授業出たくないな…」と思ったことはありませんか?

きっとほとんどの人が、「授業出たくない」そう思った経験があると思います。私自身学生時代はよく、「授業なんか出たくないな…」と思っていました。

もし、、、授業に出なくてもいい学校があったらどうでしょう。学校で一日中ずっと遊んでいてもいい…何日授業に出なくても叱られない…。少し考えられないですよね。

ところが、そんな授業に出なくてもいい学校が実在するんです。それは、アメリカのマサチューセッツ州のSudbury Valley School。クラスも学年も教科もなく、出席義務がないし「先生」もいないんだとか。

Greenbergという方が中心になり1968年頃作られた小・中・高を足したような学校。

この学校では、全て生徒の自由と言うか、自発性にまかせるシステムみたいなんです。生徒が学びたくなった時に初めて、一人か数人でスタッフにリクエストする。するとスタッフが勉強のグループなどを相談しながら設定する。生徒からのリクエストが全て。強制は一切ないんだそうです。

ただスタッフの方から、これこれの内容をやります。誰かどうですかみたいな募集はあるようです。ただそれも、もちろん希望者のみです。

(でも完全に自由で、誰でも勉強するものだろうか?)って疑問わきますよね。あなたにお子さんがいるなら、(ウチの子ほっとかれて大丈夫?)と心配になるかも。

実際はどうなんでしょうか。

<自然に誰でも学びたくなるもの?>

実は入学したては、皆遊びまくるんだとか。ところがそのうち何か勉強したくなるらしいです。

例えば実際の例で、9歳から12歳の子が「算数教えて」とスタッフに言ってきたと。ちゃんとやるという取り決めを固く約束して、週2回のクラスを始めたら、全員超熱心。欠席ゼロで6年分の内容が5か月で終わった…なんて例が実際にあるそうです。

これもホントの例で、釣り好きな男の子がいて、入学から毎日学校の池で熱心に釣りばかり。ところが10年後(高1位の時)突然コンピュータに興味がわき、同じ熱心さで没頭。大学に行き情報を専攻し、今ではIT企業に勤めているとか。

でも楽に誰でも「卒業」できるのではないようです。高卒資格の条件は厳しそう。卒業希望者は学習した全部の内容の報告書を作り、面接とか外部の判定を受けねばならないようです。これすごく大変そうですが、遊んでるだけで高卒になるとしたらやっぱり変ですよね。

<自分で選ぶの面倒…>

(日本の学校の生徒が、これ知ったらどう反応するか)って興味ありますよね。実は私5,6年ほど前当時勤務してた高校の英語の授業で、自由な雰囲気のSudbury校を紹介したんです。日本の標準的な高校生に自由な学校を伝える….これほどワクワクしたの自分でも初めてでした。

この学校について英語の長文で学んでから、彼らにストレートに聞いたんです。

「今読んだようにものすごく自由な学校だよねえ。授業も教科も卒業するしないも自由。それに先生を生徒が選べるらしい。どう思う?」と。

私の予想は『イイな』と羨ましがる…でした。生徒の間から自由を求める暴動が起きたら、どうしようって半分本気で心配していた位。

そんな予想は完全に裏切られました。生徒の反応はほとんど

「自由は面倒」。

自分から何でも要求するのは無理で大変。与えられるモノから色々試せるのがいいと….私拍子抜けでした。

<「強制が自分の道を見えにくくする」>

でもSudbury校長のちょっと気になる言葉があるんです。

「強制的な勉強では自分がしたいことが見つからない。強制的だと、勉強イコール教師や親に認められること、になりがちだ。楽しいので何かするというイメージが、だんだん持ちにくくなる。しまいには、何かをしたいという気持ちそのものが湧かなくなってしまう…」のような内容。

今思えば生徒の自由嫌いの反応は、学校の強制に慣れ過ぎの証拠なのかも。また私当時察しきれなかったけど、多くの子はホントにしたいことが分からず苦しんでいたのかも。

あなたも今ホントにやりたいことってあるでしょうか。もし仮になかったら、これから意外な所から出てくるといいですね。                        See you!

Jiro

 

追伸 参考にした英書2冊

(サドベリー校の保護者によるもの)
Free to Learn: Why Unleashing the Instinct to Play Will Make Our Children Happier, More Self-Reliant, and Better Students for Life (English Edition)

(サドベリー校の校長Greenberg氏によるもの)
FREE AT LAST The Sudbury Valley School

タイトルとURLをコピーしました