【World Life】とは?
スポンサーリンク

英米人も驚くgladの語源

World Lifeな生活
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

それは先週木曜日の晩のことです。

薄暗い裏山の木々の間を光る虫?のようなものが、ポーっと光って飛んでました。

「あれ? 蛍…?」

でも何だか変。(蛍があんな高く飛ぶ?それに速過ぎるし…。あんなに大きいっけ?ぽつんと一個だけだし…)光る軌跡を目で追っていると、私に何か伝えたがっているみたいな気がしてきました。

その日だけならそれ以上気にしなかったかも。でも翌日も見たんです。その上また翌日で計3日連続…(これは何かある。未知の発光生物?最新兵器の実験?超小型UFO?)と大真面目に空想。

そんな空想が正しいかどうかはさておき、私がやっぱり気になりだしたのは「輝く」光の語源。

今回の単語DNAはGHEL(ゲル/輝く)です。

GHELの単語DNAを持つ、glow(静かに輝く), glitter(キラキラ輝く), glass(ガラス), glad(嬉しい)を見てみたいと思います^^*

綴りが大きく変わってますが、単語DNAが現代の英語の単語になるまでにざっと九千年。その間に綴りも大きく変わったようですね。

<炎を上げない輝き>

GHEL ➾ glow (グロウ/炎を上げず輝く) 。あなたはグローランプ(glow lamp)ってご存じでしょうか?LED前の「蛍光灯」を点灯させる明かりのこと。glow(グロウ)ってボーっと静かな炎のない光です。繰り返しになりますが、ここではGHELがglowの綴りに変わってるんですね。

ちなみにドイツ語でglowに当たる単語はglühen.(グルューエン/輝く)。英語のglowとDNAが同じGHEL。Glühweinという飲み物についてはMakkyさんの記事へ(ドイツの定番!…

GHEL(輝く)→ glow (炎を上げず輝く)
      ↘ glühen (ドイツ語)

GHEL ➾ glitter (グリタ/きらきら輝く)。少し細かくなりますが、DNAはgliの部分。後半の-tterは繰り返しをあらわす感じです。例えばSNSの「ツイッター」はtwitter(トゥイタ/ツイッター、呟く) 鳥が囀るイメージかも。さてglitterの方はキラキラ光る感じ。例えば有名な諺。

All that glitters is not gold.
(輝く物全て金ならず)

外見を信用するなという意味ですね。
このgoldも元々GHEL。

GHEL(輝く) ➾ glitter (グリタ/きらきら輝く)
GHEL(輝く) ➾ gold (ゴウルド/金)

GHEL ➾ glass (グラス/ガラス,コップ,鏡)。 glaの所にあるのが輝くGHEL。電気も照明も存在しない大昔。鏡や、ガラス製の物の輝き、今の何倍も煌めいて感じられたのかも。

GHEL(輝く) ➾ glass (グラス/ガラス,コップ,鏡)

<嬉しさは心の輝き>

GHEL ➾ glad (グラッド/嬉しい) 。

さて、gladはとてもよく使われる単語。例えば

I’m glad to see you.
(初めまして 直訳は「会えて嬉しい」)

会えた喜びを「(心が)輝く」と捉えたのかも。gladの(心が)輝く感じを知ると、「嬉しさ」が急にリアルになり不思議ですね。以前ネイティブの同僚とgladの語源が話題になり、彼「知りませんでした!」とびっくり。日本人だって日本語の語源大体知らないかも。

GHEL(輝く)➾ 心が輝く ➾ glad (グラッド/嬉しい)

<初日の出に託した思い>

今回お話したglassやglad。中学の授業がこんな感じだったらどうでしょうか。

「glassとgladって、そっくりで不思議だね。実は大昔は「輝く」っていう同じ単語。ガラスも輝く、心も輝くって感じたんだね。」

これなら英語の楽しさが良く伝わるかな…

この記事を読んでくれたあなたには、英語を学ぶ楽しさが通じていそうです。そうでなければここまで読んでくれなかったかも。

さてあなたはどのように新年を迎えられたのでしょう。私は幸い初日の出が拝めました。英語なら

I was glad to see the rising sun again on the New Year’s Day.
(元旦にまた日の出を見られて嬉しかった) 

厳しい状況ですが、元旦を照らし出す初日の出、例年より心も嬉しく輝いたのかも。

今年もあなたが英語を楽しく学べますよう….

Wishing you a Happy New Year!
Jiro

 

 

追伸
光る虫?の正体まだ全く分かりません。何か情報をお持ちの方お寄せください。お願いします。

タイトルとURLをコピーしました