新しくオープンした【World Life】とは?
スポンサーリンク

Noチップ, Noスマイル

World Lifeな生活
この記事は約3分で読めます。

“Excuse me. Excuse me!!”

ある日、ハンバーガーレストランでランチをした後、車に乗ろうとしたところで
大きな声が聞こえたのです。

「え、何だ?」

と振り返ると、そこにはさっきまでサーブしてくれていた店員さん(男性)が、息を切らしながら走ってくるではありませんか!

“Excuse me! Excuse me! (wheee, wheee…) ”
(すみません!すみません!(ハァハァ…))


そのレストランは、ファストフードのような感じはなくカジュアルさもありながら、ちゃんとしたレストラン。
家からほんの数分のところにあったので、よく利用していました。

美味しくて、ボリュームたっぷり。
そして店員さんたちはみんなフレンドリー。
とっても居心地の良いレストラン。
だからチップもはずんでしまうのです。

先日、Saraさんが(受け取る側から見るチップ($$))で書かれていたように、アメリカの飲食店で働くスタッフにとってチップはとても重要なもの。

チップ次第で稼ぎが決まるといっても過言ではありません。

だから、テーブル担当になった店員さんは、お客さんに喜んで食べてもらおうと一生懸命。

注文をとって食事をサーブした後も、必ず絶妙なタイミングで

“ Is everything okay? If you need anything, please let me know.”
(食事はすべて大丈夫?もし何かあったら言ってね。)

と言ってきます。

日本の「以上でご注文の品はお揃いでしょうか。」とは全然違うのです。

その理由、それはチップをいただくため。

だから客も、日本での飲食店のようにその辺にいるスタッフさんに

「すみません、水くださーい!」

なんて声をかけてはダメなのです。

そのテーブルの担当者はオーダーを取ってくれるその人なのです。
だから最初に自己紹介もするし、食事の進み具合も気にかけてくれるのです。

担当ではない人に声をかけてしまったら、

「あ、違うよ!」

なんて言われることもあるのです。

それだけ「お客様にどれだけ満足してもらえるか」を考えて自分の仕事に従事している彼ら。
たいていは素晴らしい笑顔で、フレンドリーに接してくれます。

中には「ムスッ」として少々怖いような人もいますし、「なんだかなぁ」と思うような人もいます。
そんな時はテーブルに「1セント」だけおいて怒って立ち去りますが、自分はまだ1回くらいしかしたことがありません。

だって、本当にみなさんフレンドリーなんですもの。

そんなアメリカでのdine out(外食)が大好きなCozyは、あの日、やっちまったのです!

そう、追いかけてきた男性の店員さんに。

“Excuse me! Excuse me! (wheee, wheee…) .
Did I do anything wrong with you? (whoop, whoop…)”
(すみません!すみません!(ハァハァ…)。私、何かしましたか?(ゼェゼェ…))

「え?どういうこと?」

そう思っていると、
「チ、チップがなかったから…(ゼェゼェ)。」

「あ!忘れてた!ごめんなさい。話に夢中で忘れてたみたい。」

そういうと、店員さんは胸に当てた手をお腹に降ろし、

“Phew.”

と、ほっぺを膨らませながら、大きく安堵の息を吐いたのです。

それは今にも駐車場に座り込みそうな感じでした。

私も何度も謝っていると、

「本当に自分が何か失礼をしたのかと思いましたよ。でも違ったようでよかったです。」

と最高の笑顔でチップを受け取り、

車で出ていく私に

“Bye Bye! See you!”

と、これまた最高の笑顔でと手を振ってくれました。


いやぁ、うっかりとは言え悪いことをしてしまいました。
でもそれだけチップが大切だということもよくわかった経験でした。

日本でもチップの習慣がつくと、感じの悪い店員さんはやる気がでるようになるの…かも!?

な~んてことを想像してしまった秋の終わりの午後でした。

タイトルとURLをコピーしました