新しくオープンした【World Life】とは?
スポンサーリンク

NYジャズクラブ#5 Lenox Lounge / レノックスラウンジ

World Lifeな生活
この記事は約3分で読めます。
#レノックス・ラウンジの時代背景

ジャズクラブ Lenox Lounge(レノックスラウンジ)は1939年創業。70年以上の歴史を持ち、地下鉄1、2、3ラインのハーレム、125丁目駅のすぐそば、レノックス・アべニュー(現在はマルコムXアべニューという名も持つ)沿いにありました。創業当時、この地区は、黒人によるハーレム・ルネッサンスが大盛況。この大国アメリカ合衆国での、初めての黒人によるカルチャー・ルネッサンスです。ここでの連日連夜の大賑わいが目に浮かびます。

ジャズ界の大スター、マイルス・デイビス、ジョン・コルトレーン、ビリー・ホリディ、ディジー・ガレスピーなど、名だたるミュージシャンが、当時は名を連ねていたそうです。きっとジャズファンにとっては、まるで夢のようなライブが連日、繰り広げられていたに違いありません。

もちろん彼らが亡くなった後も、現代の一流ミュージシャンたちによってそれは引き継がれていました。私は、サックスのHouston Person グループのライブのときには、彼にご招待頂いて、しょっちゅう顔を出していたものでした。彼の演奏は、とにかくグルーヴがすごい。最初の数秒を聞いただけで、彼の演奏は分かります。人間国宝にしたいぐらい。アメリカのジャズヒストリーの中を、闊歩されてきた方です。今は80代後半位かな。ニューヨークでないと、こういう方達の演奏にはなかなかお目にかかれないのです。

#とても素敵だったアール・デコ調のインテリア

数多くの撮影などにも使われた有名なアール・デコ調のインテリアは、皆さんも、ミュージックビデオや映画でご覧になったことがあるかもしれません。実際に、マイケル・ジャクソンや、マドンナ「シークレット」もここで撮影を行ったそうです。

映画では「マルコム X」。当時1960年代、数年後暗殺される運命であった黒人解放活動家のマルコム本人も、常連の1人であったらしい。(話がそれますが、活字をマルコまで打った後、日本語だとメと出てきたので、ちょっと笑った。) その他エディー・マーフィーの映画「大逆転(原題・Trading Places)」や、サミュエル・エル・ジャクソン主演「シャフト」、再度デンゼル・ワシントン主演、「アメリカン・ギャングスター」などなど。ハーレム・ルネサンスが栄えていた様子を表すには、最適のロケーションだったのだと思います。

バーガンディー(ワインレッド)のレザーカウチと、ステンシルのゼブラ模様の壁紙、幾何学模様のタイルのフロア、ブロンズのミラー、それにアールデコの間接照明などが、ハーレムでも有名なクラブの雰囲気を、醸し出していました。

#人気のメニュー

バーテンダーの得意なカクテルは、トム・コリンズ。ジンにレモンをキューッと絞って、シロップをちょっと足してクラブソーダで割った、人気のメニュー。それとか、チェリー・ブランデーを嗜みながらジャズなんていうのも、素敵ですよね。

ビル・クリントン元大統領やアリシア・キーズもここでご飯を食べてたそうです。クリントンが当時使っていたオフィスは、ハーレムのこのすぐ側に、ありました。

私は、ここではいつもクラブケーキを食べたものでした。アメリカのシーフードレストランでは定番メニューで、クラブミートをハンバーグみたいにまとめて、丸く平たくして、こんがりと焼いたものです。熱々のカニ肉の上にとろとろのタルタルソースは絶妙です。そしてドリンクは、私はこういうジャズクラブではバーボンソーダ。グレイトなジャズミュージシャンたちと至福のひとときを、エンジョイしたものでした。

 

このレノックスラウンジは、ロバート・デ・ニーロで有名な日本食レストラン、ノブのオーナーの1人が買い取るなどとの噂もあったのですが、2012年12月末にとうとうクローズ。今はすっかり、1階に銀行の入ったモダンなビルになってしまったらしい。時代は、移り変わっていくのですね。
懐かしく思い出されます。

タイトルとURLをコピーしました