新しくオープンした【World Life】とは?
スポンサーリンク

NYへの帰り道でのお楽しみ

World Lifeな生活
この記事は約4分で読めます。

アメリカでも有数の夏のリゾート地、メリーランド州オーシャンシティでの、バケーションの様子をお届けしていたシリーズ。
今回が最終回です。

オーシャンシティでの滞在の様子は前回までですが、実はニューヨークまで車で7時間くらいの道中にも、いくつか楽しみにしている
ところがあります。今回はそんな様子をシリーズ最後にお届けします。

ソフトシェルクラブを買いに

さて、ニューヨークへの帰り道。
まず、ウェスト・オーシャンシティの、採れたてのシュリンプ屋さんへ。

ShrimpBoat(シュリンプ・ボート)
https://shrimpboatoc.com/

ここで、お土産のエビや蟹、ソフトシェルクラブを購入。その場で、ケイジャンスパイスで茹でてくれたり、生のものはクーラーボックスに氷漬けにしてくれます。かんかん照りの中、ドライブでNYまで7時間以上かかるからちょっと不安なのだけれど、以前も大丈夫だったからきっと今回も大丈夫。(笑)

ソフトシェルクラブの調理方法は、お店で、きれいに中を洗ってもらっておけば、家に帰って、軽くコーンスターチ(片栗粉のようなもの)をはたいて、バターで裏表3分ずつ焼くだけ。極上に美味しい。そうだ、家に着いたらすぐ、これに合う白ワインを冷やそうっと。(笑)

ソフトシェルクラブを買った後は、

ファーマーズマーケットへ

The New Castle Farmers Market(ニューキャッスル・ファーマーズ・マーケット)
http://www.newcastlefarmersmarket.com/

こちらは、1954年から始まったのだそうで、随分と歴史的な(!)ファーマーズ・マーケット。ペンシルベニア州の、伝統的なオランダやドイツゆかりのフードを始め、農産物やレストランなど、70軒以上の個人事業主がお店を出しています。

とにかく広い。最初の数年間は、この広い建物の中で迷っていましたが、今年は全然迷わず。

アーミッシュ村のあるランカスター・カウンティ(ランカスター郡)のお肉屋さん、蜂蜜や、焼き菓子、採れたて野菜、フィラデルフィア・スタイルの、ブラウン・マスタードを付けて食べるプレッツェル屋さんなどなど、書ききれません。

アーミッシュ村の人々とは、ペンシルベニア州に住む20万人ほどのドイツ系の移民で、現在でも宗教に従い、移民当時の自給自足の生活を送っている人々のことです。

私が大好きなのはソーセージのサンドイッチ、$6 (約660円)。ちょっと遅めのランチです。そしていつも立ち寄るお肉屋さんで、スペアリブを”Rack of ribs”(丸ごとホール)で購入。

 

八百屋さんの野菜も、とにかくフレッシュなので、たくさん買い込みます。でも、その値段の安いこと。やはりニューヨークから2時間半、離れているだけの事はあります。

このマーケットの隣のパーキングエリアでは、フリー・マーケットも開かれていて、とにかくたくさんのテントが、どーっと続いて並んでいます。アンティーク・マーケットです。

ゆっくり見たかったのですが、夏休み中の土曜日の午後と言うこともあり、ニューヨークへ入るのに、リンカーン・トンネルまたはジョージ・ワシントン・ブリッジなど、結構な渋滞が予想されるので、今日はそこそこにして、引き上げます。

後は一路、ニューヨークへ。2時間半のドライブ予定でしたが、ここから約4時間かかりました。

とっても楽しみにしていた海辺のバケーション、無事に帰宅できました。昨年は泣く泣くキャンセルしたから、今年は行けて、よかった。来年も、行けるといいなぁ。

いろいろと変異株の出てきているコロナですが、とにかくの収束を、祈っています。今回のバケーションも、ビーチサイドでも、人が多く出ているボードウォークなどは、なるべく避けていました。裏道を通ったり、空いてる時間に出かけたり。ホテルの部屋から海を見渡して、楽しみました。

バーでも、いつもだと、バーテンダーさんや、隣の客さんたちともフレンドリーに接するのですが、今回はそれもせず。

無言の旅は味気ないですが、もうちょっとの我慢かな、と思っています。

数日ではありましたが、海の風に吹かれて、ボーっと久々にのんびりとしました。その後、ニューヨークに戻ってから、早起きの癖もついて、まぁ元気が出たこと。バケーションでこれほどリフレッシュできるとは、行く前には、こんなにクリアには思いつきませんでした。

皆さまも、もしお時間ちょっと取れたら、少しだけ足を伸ばして自然の風に吹かれてみると、普段のもやもやも吹っ飛び、翌日からすごく元気になれると思います〜。ぜひ、お試しあれ!

ではまた来週

※私の投稿一覧は↓の「Kayo(平木かよ)」をクリックしてください♫

タイトルとURLをコピーしました