新しくオープンした【World Life】とは?
スポンサーリンク

六本木は英会話のフリータウン

World Lifeな生活
この記事は約5分で読めます。

防衛省上級英語課程を卒業し、英語を使った業務に従事した頃、1日7時間の翻訳業務をこなし、ストレスフルの状態。午後5時を過ぎると,スポーツクラブや六本木の街で,ストレスを発散していた。

当時、私の行動地域(action area)は,防衛庁のあった赤坂9丁目(現ミッドタウンが防衛庁跡地)を中心に,六本木全域、赤坂,麻布一帯に及んだ。これにはある計算されたもくろみがあった。

六本木交差点には、待ち合わせ場所として有名なアマンド(Almond),西麻布の交差点付近には、アイスクリームのホブソンズ(Hobson’s)があり、多くの外国人観光客がたむろしていた。

六本木を突き抜ける外苑東通りは、ビル全体が飲食店である中高層のビルが連なり、夜はネオン街となる。六本木界隈は、17人に一人は外国人が居住していており,英会話好きには人気のスポット。

何が人気かというと、外国人と気軽に話ができる場所ということだ。飲食店で働く外国人が日本人客を店に呼び込むために、夕方から歩道にでてくる。つまり,外国人と英会話が無料でできるのだ。

店の前では、様々な人種が、片言の日本語で客引きをする。英語の話せる日本人は、彼ら、彼女らにとっても言葉が通じるので都合がよく、客を店に呼び込もうと英語で軽口を交わすことになる。

さながら六本木は英会話のフリータウンだ。

英会話の武者修行

行きつけの外国人の多いレストランやバーで,バー・カウンターに座り,隣に外国人が座るのを待つ。英会話武者修行の場である。常連になると,外国人から声がかかり始めた。
外国人観光客の場合、話によっては、そこからツアーガイドのようなこともした。

まず、六本木のディスコやクラブは、入り口で黒服が入場チェックをしていた。黒服とは、タキシード、ブラックタイを身に付けた従業員だ。街中のレストランやバーでは,ドレスコード入場制限をしていた。

男性客は、ブランド物のスーツが定番、女性はボディコン(体にフィットしたワンピース)。肩や腕を出し、ドレス丈もミニ。六本木の街が一気に華やいだのは事実である。

外国人の観光客は,スマートカジュアルな恰好が多い。日本人ならドレスコードに引っ掛かり入場できないような服装でも,私がエスコート(一緒に入場)すればOKなディスコもあった。

ディスコでも英語の個人レッスンの時間が確保できる。常に持ち歩いている電子英和辞書も大活躍であった。ただし、相手の目前で、単語を引くことはない。会話をするときは,相手の目を見るが基本。

英語の修行にもルールがある。相手に不快感を与えないこと。目の前で電子辞書は使わない。英単語や内容が理解できない場合でも、自分の英語力と知識を使い、コミュニケーションをとるのだ。

相手と別れた後、会話中に記憶した知らない英単語や口語表現を、忘れないうちに整理する。そして、長期記憶にしていく。毎日が新しい発見の連続であった。

秘密の隠れ家:ジャズバー

六本木の賑わいとは別に、西麻布の交差点を入ったところ(現在の六本木ヒルズ辺り)に私のお気に入りのジャズバー「射手座」があった。店を知ったきっかけは、ジャズ好きの友人の紹介だった。

2階建ての一軒家に,小さなネオンサイン「射手座」が点灯していた。狭い階段を2階に上がると、ドアに照明が当たり店の名前が浮き上がっていた。ドアを開けると、ジャズ・トリオが演奏していた。

女性オーナーが目の前で、“Welcome”とつぶやく。その妖艶さに虜になったのかもしれない。

カウンターだけのバーで、アップライトピアノが店の奥にあり、そこで生演奏する。演奏中にリクエストはご法度で、バーのオーナーママに希望の曲を告げる。チップは、カウンターに置かれた専用のワイングラスへお札を差し込む。

麻布界隈には、当時でも多くの大使館があり、現在では40以上の大使館がある。六本木の喧騒を避けた大使館員が顔を出す国際的なバーで、英語も行きかう。

常連や大使館員のお目当ては,ママの作る手料理。季節を先取りした日本料理一品がチャージに含まれている。春ならばタケノコの炊いたん,夏は鱧,秋ならばマツタケご飯,冬はジビエの煮物と舌包みをうつ。ジャズの生演奏を聴きながらである。

隣り座った様々な国の大使館員が、それぞれの国の文化や風習を教えてくれる。こちらも日本の文化を紹介する。英語での話が盛り上がり、酒も進む。

アメリカ大使館に勤める陸軍の将校からは,「アメリカ陸軍の階級と酒の関係」を教わった。アメリカの特産であるバーボンの話であった。

兵(Private)は,Early Times or Four Roses (アーリータイムズ又はフォーロウゼズ)
下士官(NCO)は,I. W. Harper (I.W. ハーパー)
将校(Officer)は,Jack Daniel (ジャック・ダニエル)
将軍(General)は,Wild Turkey (ワイルドターキー)

米陸軍では,伝統的にバーボンが良く飲まれる。
その際、兵は,アーリータイムズを好み,下士官はI.Wハーパーを愛す。
将校は,ジャック・ダニエルを常飲する。
しかして将軍は,ワイルドターキーを嗜(たし)なむ。

バーボン好きならピンとくるだろうが,お酒に興味のない人は???かもしれない。
階級によって飲む酒が違うというのは,給料の違いからくる。階級が上がれば,給料も上がり、高級な酒を飲めるということである。

将軍ではないが,私はこのワイルドターキーをがぶ飲みし,六本木を英語でぶつぶつと独り言を言いながら,ふらついていたものである。

防衛庁は移転し、跡地はミッドタウンになった。行きつけのバー辺りは、六本木ヒルズとして再開発され店じまいした。街は発展したが、私が通ったような国際色豊かな店はバブルのように消えた。

バーボンの話、ジャズ、外国の文化・風習であろうが、好きなことを英語で多くの外国人と語り合った経験は、私を国際化してくれた。経験や思い出が、英語ペラペラの礎となり、知識の引出しとなっている。

お話した六本木のような都市はないかもしれませんが,現在、多くの外国人が日本で働き、滞在しています。礼儀をわきまえた英会話の武者修行、チャレンジしてみませんか。

タイトルとURLをコピーしました