【World Life】とは?
スポンサーリンク

プーチンとトランプの意外な共通点

World Lifeな生活
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

ロシアのウクライナへの侵攻から、そろそろ3か月。
(国内世論に変化はないのか。独裁国家でなければ色々違うだろうに…)という気がします。

独裁者はウラディミール=プーチン。でも私がまず気になるのが名前の語源。「あれっ?ロシア語でしょ?」とあなたは思われるかも。でも私の注目する単語DNAは、西欧言語ならどれにも共通。ロシア語は西欧言語の一つ。DNAは普通にあります。

VladimirのDNAはVAL(ヴァル/強い力)。今回はVAL繋がりでvalue, available 等も。

DNA VAL(ヴァル/強い力)→Vladimir 

数千年前からある単語DNAのVAL(ヴァル)がVladimir のVlaに見られます。少し細かいで
すが、Vladi-のdiはロシア語で他の単語を作る時のアダプター的なモノらしい。(例えばVLa+
di..何とかで、名詞や動詞になるそう)

ValとVlaをよく見ると、aとlの順番が違いますよね。

al↔la

でもこういう語順の逆転は割とありそうです。

例えば一見無関係そうですが、あなたは英語で13がなぜthreeteenでないの?と思いませんか。
実は昔はthree-teen(に近い)綴り。でも(誰かがうっかり)three-➾theer-とひっくり返した
のが今の綴りの元らしいんです。

(three ➾) threeteen ➾ theerteen ➾ thirteen

ValとVlaになったのも、誰かのうっかりかも。

-mirの部分はロシア語では2つの意味。一つは「世界」で、もう一つが「平和」。

だからVladimirの名前は、語源的に「平和な世界を支配する(人)」みたいな感じ。

Vladimir →(平和な)世界の支配(者)

前半はともかく、後半は当たりのような当たりであって欲しくないような。まあ語源に文句を言っても始まりませんが…

<プーチンのDNAが英語圏にも?>

VAL(ヴァル/強い力)はDNAなので、勿論英語にも見られます。例えば

DNA VAL 強い力 →価値 value (ヴァリュー/価値)

DNAは国境とか無関係。そうは言ってもロシア大統領の語源が英単語にあるのは何となく不思議。

お店等で「バリュー何とか」って見ることありません?「バリューストア」や「バリュープライス」等。これから毎回プーチンを思い出したりしてw でも一種の語学センスアップなのかも。

VAL (強い力) →value (ヴァリュー/価値)

DNA VAL 強い力 →(強い力の方に行ける) available(買える、入れる、使える)

availableって単語を見た事あります?「~できる」は結構幅広そうで便利です。例えば

I’ll get all the information available.
(得られる情報は全て得るぞ)

VAL (強い力) → available(買える、入れる、使える)

さて今回あなたに伝えたいことがもう一つ。

それはVALを持つ別の名前…Donald。Donald Trump。しかもさらに意外なことがあるんです。

<プーチン~トランプの意外な接点>

Donald=Don+ald 。一言だとDonは「世界」で、aldは元はVALだったといいます。従ってDonaldも「世界の支配(者)」の意味。だから二人の名前の語源が一致します。

まさに

Birds of a feather flock together
(類は友を呼ぶ、似た者同士)。

何かと物議を醸すPutinTrump

個人名の語源的意味がほぼ同じとは…繰り返しますがPutinTrumpは名前の語源が、意味がほぼ同じなんです。

Vladimir →(平和な)世界の支配(者)
Donald  →    世界の支配(者)

この一致って歴史の悪戯としか言いようがありません。でも個人的な繋がりは語源止まりであって欲しい、と思うのは私だけでしょうか。

それにつけても、戦争終結一日も早くと祈らずにいられません。

See you soon
Jiro

 

追伸
本文でも触れた、便利な単語availableに+例文。

She/He is available.
(彼女/彼は空いている)

文脈次第で、availableが「現在独身でデートは可能」みたいな意味になれそう。

タイトルとURLをコピーしました