【World Life】とは?
スポンサーリンク

泳ぐリスクがあるプール

World Lifeな生活
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

1974年アメリカ留学で入った大学には、年中利用可の温水室内プールがありました。
そんな温水室内プールに、初めて泳ぎにでかけた時のこと。

準備体操の後、シーズンオフでコースロープなしの広い水面に浸った途端、あれっと思いました。水面下が何だか変。どうも一方の端がすごい深さのようなのです。2メートル以上は絶対ありそう。(最初飛び込み専用プール?と思ったくらい)

深い方へゆっくり歩いてみました。身体全体を浸して見通すと、底へ暗~く落ち込んでいく感じ。

段々深みへ傾いている水底を見るのは初めての私。留学の心細さと水の恐怖感が一度に湧いてくるような身震いが少~し。

プールサイドの人に聞くと、学校のプールならどれも似てる。 shallow end(浅い端)とdeep end(深い端) があったと言うのでさらに驚

(どこでも足がつくのが学校のプールのはず…)深すぎて危険では?と尋ねれば、自分で無理しなければいいと、あっさり。自分で考えろと教えられてきたし普通救助員がいたとも。

<泳きは誰の責任?>

思い出したのは、大学の近所の川べりで見かけた一つの掲示板。

 Swim at your own risk.
(泳ぐリスクは自分で)

(川もプールも泳ぐ責任は自分にある、なのかな。日本ならどうだろう。「この川遊泳禁止」と掲示したかも。プールだって、アメリカみたいな構造は学校に作らないだろう…そうか日本では危ないことは最初からできないようになっている?) いろいろな考えがめぐりました。

危ない物は最初から作らない日本。リスク対応は個人のアメリカ。はっきり違うなあと思いました。

<水を舐めてないか、日本人?>

違いの印象が強烈だったプールから上がった後、気になりだした一つのこと。それは日本の学校プールが安全過ぎて、逆効果ではということ。日本人は水を舐めてるところはないでしょうか?

例えば毎年夏になると報じられる数々の水の事故。(日本の溺死者は世界有数らしい。浴室溺死が大
多数にしても、怖~い学校プールにして危機感を育て、広く水の事故対策をするべき) なんて思う
の私だけ?

留学時のプール体験は、自国の文化や考え方を見直す良い機会でした。

他国の文化に直接どっぷり浸るのは当面無理かも。でも今も英語は学べます。

英語の学びを通し、日本の文化や価値観を見直し深められると良いですね。

 

See you soon!

Jiro

 

追伸:2011年に溺死者は日本で約9000人。第一位(11,981人)のロシアに次ぐ。(人口はロシアが150万ほど多い。)溺死の多い国、日本 水難学に関する国際会議で何がわかったかより。
https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohidetoshi/20191124-00152140

 アメリカの方は、年間約3400人。人口は約2倍半。
USA Drowning Statistics – The Facts And Statistics

タイトルとURLをコピーしました