新しくオープンした【World Life】とは?
スポンサーリンク

NYチップはカードでどう払う?

World Lifeな生活
この記事は約3分で読めます。

今日も楽しくニューヨークのアメリカン・バー、ハッピーアワーのご案内。

今回は、「アメリカン・バーってどういうバー?」「カードで支払う場合チップはどうやって払うの?」という質問をいただきましたので、その辺もお答えしていきますね。

ではまず、「アメリカン・バーって、どういうバーのことなの? 」について。

通常、アメリカン・バーは、ビールが専門のバーと思ってください。アメリカン・バーのバーテンダーは、いろんなビールの種類を知っていて、今日の季節のビールはこれがおいしい、と教えてくれたり、アルコール度数が強めのが飲みたいとか、フルーティなのが好きだとか、好みを言ったらその願いに叶うものを出してくれたり、主に、ビールのプロフェッショナルです。

本日のアメリカン・バー・ハッピーアワー

そして本日もパッピーアワーへ☆

ここはニューヨーク、マンハッタンの北西にあるモーニングサイド・ハイツ、超エリート校コロンビア大学の、門の真ん前にある、「アート&クラフト・ビア・パーラー」

ダウンタウンのグリニッジ・ヴィレッジ、名門ニューヨーク大学のすぐそばに本店があり、そこでの人気が高く、近頃このモーニングサイドにも支店を出したのだとか。

屋内はアートギャラリーっぽくなっており、本日のクラフトビアが大きな黒板にびっしりと書き込まれてある。丸で囲んだものが、今日、ハッピーアワー(月から金、オープンから6pm)のビール。$6になるらしい。

アメリカン・バーのイメージは、大画面のモニターが頭上に何台もあって、アメリカンフットボールや、ベースボール、レスリングなどがブロードキャストされていて、音楽は大音響のロックンロール、客層は割と男性が多い、ビアホールの感じが想像されます。

しかし、ここはそうではなく、アートが飾ってあったり、自分の家のリビングルームの延長のように、お友達とカンバセーションを楽しんだり、ちょっとラップトップで仕事をしたり、とさすが名門大学のそばにあるだけに、インテリの大学生が好きそうな感じの、カフェバーです。確かに、女性のお客さまも多く、入りやすい感じでした☆

ARTS AND CRAFTS BEER PARLORサイト
http://www.artsandcraftsbarnyc.com/

 

ちなみに、お伝えしたアメリカン・バーのイメージはこんな感じ↓

チップのカードでの払いかた

「アメリカに行った時に、バーでクレジットカードを使うとき、チップをどうやって払うのがスマートなのか、わからなかったのよ。どうしたらよかった?」という質問をいただきました。

これには、二通りあるかな。

クレジットカードを使うとき、伝票が渡されます。

まずひとつのは、その伝票に自分でチップ額を書き足して、飲食代+税金+チップの合計額も書いて、カードと一緒に店員さんに渡して支払う、という方法。

もう一つは、伝票には、飲食代+税金のみにして、その合計額を書いて、カードと一緒に店員さんに渡して支払い、チップのみキャッシュで、渡したい方に手渡しする、と言う方法です。

尚、クレジットカードの伝票には、チップ(tips) の代わりに、グラチュイティー(Gratuity) という単語が書いてあるかもしれません。これは、チップのことです。たまに、観光客が多い店で、勝手にこのチップ(グラチュイティー)を事前に書き込んであったりすることがあるので、気をつけましょう。

それが書き込んであったら、チップを書き足して払う必要はありません。ニューヨークでは、6人以上のグループだと、チップ(グラチュイティー)が事前に書き込まれていることが多いようです。私自身、しばらくの間それに気づかず、よくわからずに、チップを書き足して払っていた時期がありました。(笑)

 

さて、アメリカでは熱波が来たり、急に涼しくなったり、ハリケーンが来たり、なんだか気候が落ち着きませんが、観光スポットにはすでに、たくさんの観光客がマスク無しで詰めかけています。
このまま、本当にコロナが落ち着いてくれれば良いのですが。毎日祈っています。

皆さまも、どうぞお元気で、ではまた来週〜!

 

 

タイトルとURLをコピーしました