新しくオープンした【World Life】とは?
スポンサーリンク

日本語のできる海兵隊員を探せ!

World Lifeな生活
この記事は約7分で読めます。

硫黄島シリーズ第3弾は,夏にふさわしい怪談を予定しているのですが、そのお話の前に,どうしても知っておいていただきたい海兵隊員がいます。その怪談の体験者です。

今回は,その海兵隊員が,食堂勤務の上等兵から,海兵隊で最高の通訳官になるお話をお届けします。

 

海兵隊は,米国の6軍(陸軍,海軍,空軍,海兵隊,宇宙軍,沿岸警備隊)の中で,最初に紛争のある場所へ駆けつけます。ですから,海兵隊のことを,spare(矛先、槍の先)と呼ぶことがあります。

その先駆け部隊である海兵隊で重要視されているのが,情報。
世界に展開し,作戦を実行するには,その地域や国の情報を,いち早く入手することが大切です。

海兵隊と陸上自衛隊がカウンターパートになって間もなく,海兵隊基地の師団司令部の中に,両組織の協力と調整のために,自衛隊連絡官のオフィスが設けられました。

海兵隊師団長は,陸上自衛隊との関係を構築するために,1年間の計画を立てます。その際,キーとなるのが日本語の通訳官なのですが,当時,日英の通訳官は,上級司令部に一人しかいませんでした。

そこで,「日本語を話せる海兵隊員は、我が師団にはいないのか?」という師団長からの一言。

日本語を話す海兵隊員を探せ!

キャンプ・コートニーにあるオフィスに,通訳見習いの女性海兵隊員がやってきた。階級は上等兵。フィリピン系アメリカ人の軍人の父と,日本人の母の間に生まれ,沖縄で育った。

米軍基地にある高校を卒業し,アメリカの大学に入学,陸軍士官候補生として入隊したが除隊。海兵隊に2等兵として再入隊して,両親の住む沖縄に赴任した。

頭の切れも良く,細かいところまで気が付く。英語はネイティブで,日本語は流暢に話し,沖縄方言も理解できる。ただ,敬語はむちゃくちゃ・・・。

筋トレが趣味で,腕は私より太い。小柄ではあるが,大学時代,アルバイト先のファーストフード店で,うっぷんを晴らすために,業務用冷蔵庫の扉を正拳突き。拳の後がくっきりと残り,ばれて首になった,という武勇伝を持つ。

沖縄で両親と一緒に住むために,海兵隊に転勤願を出し,半年前から,隊員食堂に臨時勤務していた。

海兵隊師団長の「日本語を話す隊員を探せ!」の一声で,食堂の長である軍曹が,そんな上等兵の存在を通報してきた。

すぐさま師団長が直接面接をすることになり,陸上自衛隊連絡官も面接官として,師団長室に急遽呼び出された。

上等兵は、隊員食堂での皿洗いが終わり、そのままの姿で,駆け足でやってきた。

いつも冷静な司令官室の女性秘書が,上等兵を見るなり

思わず,“Oh, My!(あらまあ!)と,その姿に小さく声を上げたそうだ。

上等兵の名前をMoreno(モレノ)という。

モレノ上等兵は,食堂で着る白い分厚いビニール製の前掛けをしており,作業衣の白衣には,ケチャップやミートソースのシミがついていたのだ。さらに,ぜいぜいと荒い息を切らし,大汗をかいている。

軍曹(sergeant)から,「直ちに師団長室へ行け!」といわれ,“Yes, Sergeant!(了解!)と駆け足でかけつけ,大汗をかいているのだ。

師団長と陸上連絡官は,その姿に絶句した。

椅子もすすめられないまま,陸上自衛隊の連絡官から日本語の質問が飛ぶ。直立不動だが,打ち解けた仲間のような日本語の会話が続く。その時は,上等兵はまだ何も知らされないまま,日本語を話していた。

そして,その日からモレノ上等兵は,海兵隊師団長付の通訳官となった。

公式に通訳官デビューするまで,自衛隊連絡官室で預かることに。つまり,通訳の特訓をすることになったのである。

その3か月後,私Swatchが、陸上自衛隊海兵隊連絡官室に赴任した。

女性海兵隊員に日本語の敬語を特訓

「最初は電話の取り方だ!」電話はコールが3回以内にとり,第一声はこうだ,「モレノでございます」。

人間はとっさに行動したときに,自分の言葉がでる。電話で,「ございます」と言えれば,普段からいつでも「ございます」は使えるようになる。

私,Swatchは,モレノ上等兵の通訳訓練官兼世話係に任じられた。

モレノ上等兵は,食堂の臨時勤務から自分の職種である化学部隊に戻り,部隊で特別な訓練がある日以外は,連絡官オフィスに詰めることとなった。朝から夕方まで一緒である。

昼は,基地内の「天願キャッスル」というクラブハウスで一緒に昼食をとる。これも訓練だ。

通常,通訳の際,通訳官には食事は供されないが,主催者によっては,通訳も食卓を囲むことがある。その時は,会話を中断させないための技術がいる。会話を聞きながら、機を見て食べ物を口に運ぶ技術だ。

であれば,「食べなければ良い!」ということになるが,高官との会食は高価なコースディナーで,できる限り料理を口に運ぶのが礼儀である。ただ,通訳中,食事を味わう余裕はない!

敬語,食事のタイミングなど,一連の通訳の業務は,一朝一夕にはうまくならず,毎日の努力がそれを可能にする。さらに,通訳は人並み外れた記憶力がいる。いわゆるエピソード記憶を最大限に利用し,大脳の海馬に大量の情報を落とし込んでいく必要がある。

私自身,20年前に通訳したことでも,当時の簡単なメモがあれば,今でも会話の内容を再現できる。

通訳直後に,発言内容を報告書にするのが通常で,晩餐の後に,パソコンに向かう。でき次第報告を求められることもある。

モレノ上等兵の通訳の技術は,日に日に向上。記憶力も群を抜いていた。

そして,通訳官としての大仕事が彼女に。目指すは、東京都市ヶ谷の防衛庁(当時)である。別名、市ヶ谷プリズン*(刑務所)

*市ヶ谷プリズン:エリートが集まる防衛省本省は,当時、連日泊まり込みの勤務が多く,週末金曜日の夜にようやく自宅へ帰る,という隊員もいたことから,刑務所に例えられた。

陸上自衛隊との三角関係 (Love Triangle) って何?

海兵隊師団長が,少将から中将に昇級し、沖縄米軍のトップとなった。第一弾の「米軍司令官は,旅行代理店!」で紹介した,凄腕の第3機動展開部隊司令官である。

そんな司令官が,陸上自衛隊トップである陸上幕僚長へ,就任の表敬訪問をすることなった。通訳官は、モレノ伍長である。

彼女は沖縄での通訳の功績が認められ。上等兵から伍長へ特別昇級していた。

表敬前日に,東京天現寺にある米軍の厚生施設、ニュー山王ホテルに宿泊。ここは,米軍人及び軍属専用なので,一般客は泊まれないが,私は,海兵隊司令部から,出張命令書(ITO:Invitational Travel Order)を発行してもらって宿泊していた。

表敬訪問当日,新宿区市ヶ谷の,真新しい防衛庁庁舎に到着。司令官と通訳官モレノ伍長は,黒塗りの車で玄関の車寄せに到着する。

連絡官チームが先導し,表敬のため応接室へ案内する。陸上幕僚長と司令官の力強い握手で会談は始まった。海兵隊師団長の頃からの旧知の仲であった二人は、最初から忌憚のない意見を交わしていた。

そんな中、

〜〜〜

司令官(モレノ通訳官訳)陸上自衛隊と米海兵隊はカウンターパートとなり,今回就任のご挨拶ができるのは、非常に喜ばしいことです。陸上自衛隊は,米陸軍と米海兵隊をカウンターパートとして,三角関係*を維持しているのは,なかなか難しい点もあると思いますが、、、。

Swatch:(モレノ通訳官に向かって頭を大きく横に振る)小声で,「三軍の関係」とつぶやく。

陸幕長:???

モレノ通訳官:失礼しました。「三角関係」ではなく「三軍の関係」でした。

陸幕長:いやいや,モレノさん。その通りです。三角関係は,なかなか難しいところがあります。言い得て妙です。ありがとう。

一同:爆笑

*三角関係:Love triangle 恋愛関係のもつれ

〜〜〜

通訳も英語ペラペラも,結局は場数!

モレノ通訳官の東京デビューは,大成功。私は、彼女の対面でそれを確認することができた。
落ち着いた雰囲気,歯切れのよい通訳,さらに彼女の笑顔とユーモアで大きな成果を得た。

彼女自身にも成果があった。陸上幕僚長がモレノ伍長の日本語に感心し,その明るさと人柄を気に入ってくれたことである。その後,再会の都度,二人は「三角関係」の話で盛り上がっていた。

モレノ伍長は,陸上自衛隊の様々なイベントに通訳として参加し,自衛官の間で,アイドルのような人気を博していった。特に女性自衛隊員からは,姉妹のように慕われた。

通訳は,まず場数を踏むことで,段取り,気配りや技能が向上するといわれています。英会話も,記憶するだけではなく,覚えたフレーズを実際に使うことで身につきます。場数を踏むことで使えるフレーズになるのです。

実際にフレーズを口にしたときの相手の表情,反応や言葉がしっかりと画像としてインプットされることで,そのあとは,英語のフレーズがペラペラと出てきます!

英会話ペラペラは,まずは,場数を踏むこと。そして積極的に英語で話しかけてみることです。

 

※次回,今回お伝えした,モレノ伍長が硫黄島で体験した怪談をお届けします!

タイトルとURLをコピーしました