新しくオープンした【World Life】とは?
スポンサーリンク

人魚も驚愕、今の子供の一言

World Lifeな生活
この記事は約5分で読めます。

「人魚姫」の主演を演じていたある女優の方が「最近人魚姫がやりにくい。もう人魚姫を演じるのは無理なのかもしれない…。」とラジオで発言。偶然これを聞いていた私は、エッと驚きました。

「人魚姫」と言えばディズニーでも人気の作品。とても有名なお話です。これがもう演じられないとはどういうことなのでしょうか…?

その女優の方は先の話に続けて、「私が眠ている王子にナイフを振り上げ、殺すかどうか躊躇う山場。

客席から子供が『殺せ!』と…舞台が滅茶苦茶に…」と理由を語られていました。

人魚姫の劇をご存じない方の為に、かいつまんでご紹介すると、人間になりたい人魚姫が、王子に恋をし、色々あって最後に「人間になりたいなら王子を殺せ」と魔女がくれたナイフ。ナイフで王子を殺せば人間になれると、人魚姫が眠る王子に振り上げるが…というのが最後のシーン。

王子を殺さず、自ら泡となり消える人魚姫。「やっぱり殺せないよね…」と観客が涙し、感動の内に終わるのが元の筋書き。ところが、この時は「さっさと殺せば」と一部が真逆の反応。張り詰めた雰囲気が一瞬で壊れ、この女優の方呆然としたようなんです。

十八番の舞台が台無し、子供の『殺せ!』の一声で…ショックが大きかったのでしょうね。

<英語にもう一つの「海」が>

さて「人魚姫」の劇で絡み合っている「海」と「死」のイメージ。この二つ、英語でも意外な繋がりがあるようです。

海というと、普通あなたの頭に浮かぶのは、seaかもしれません。でも英語に、別の「海」の語源があるのご存じでしょうか。それは単語DNA のMER(マー/海)。

今日はmermaid(人魚)、submarine(潜水艦)、それとmurder(殺人)、mortal(死すべき)の4つ。DNAを使って見てみましょう^^

<mermaidとsubmarineは由来が一緒>

まずmermaid(マーメイド/人魚) 。人魚姫のタイトルはLittle Mermaidです。このmer-にDNAのMER(マー/海)が。maidは元々未婚の男女を指す広い言葉。ここでは勿論女性。全体で海の娘。全然分かり易いですよね。

mer (海)+maid(娘) → 海の娘 → 人魚

次はsubmarine(サブマリーン/潜水艦)。同じDNAがあるのはmarです。「あれっ綴りが?」とあなたは思うかもしれませんが、DNAは大昔の語源。綴りが少し変わることも。

あと多少細かくなりますがsubは「~の下」。marineは「海の~」の意味。「海の下の~」が「海の下の船」として使われ、「潜水艦」を指すようになったようです。

sub (~の下)+marine(海の)☞submarine「海の下の~」→「海の下の船」→「潜水艦」

<海と死は一つなのか?>

さてこのDNAのMER(マー/海)が「死」の意味も持っていたとする説があります。つまりDNAのMER(マー/海)は、実はMER(マー/海と死)らしいと。MERに二つの意味を持たせる根拠は古代の風習。大昔死者を海に流す習慣があったらしいんですね。そこから海→死の連想が生まれたと。

「死」と聞くと、あなたはdieとかdeathを思うかも。でも今お話ししたいのは、例えばmurder(マーダー/殺人)やmortal(モータル/死すべき)。このmur-やmor-の部分に、DNAのMER(海と死)があるのかもしれません。murやmorが元々MERの綴りだったのなら、分かり易いですね。
          
     ↗ murder(マーダー/殺人)
MER(マー/海→死)
     ↘ mortal(モータル/死すべき)

海に死の影が差すようです。この海と死の結びつき、一人の高校生に話したら目が輝きました。あなたも言えそうな方に話したら、スゴいって言われる…..かな?

<我が子はどうして殺人鬼にならなかった?>

冒頭のお話に戻ると、『殺せ!』と叫んだ子供が私とても気になって。あなたはもう親でしょうか。親になると、人の子のことも何だかスルーしにくくなるみたい。何でこんな声上げたのでしょうね。

テレビ等の影響がよく言われます。殴り合い殺し合う場面。我が子がジーッと見つめてたら、末恐ろしくて怖くなりそう。

私も自分の子育て期にとても心配。そこでTVの暴力的シーンを実際に数えてみたんです。我が子は小1、当時人気のドラゴンボールというアニメで。

(一回の番組に殴る蹴る殺人などが平均40回位かな…週1で一年50週なら40×50=2000。小学校6年間で6倍が12000。他の番組も見ると2,3倍。ゲームやネットも…合計3万から4万!これじゃ影響ないはずない。どうしよう….) でも、いつの間にか時が経過しました。

今では我が子、無事に大人になりました。殺人や暴力事件も起こさずに…私、特別何かした記憶はありません。他の親も大概同じだろうに、周りのどの子も無事育ったと言っていいのかも。TVであんなに血生臭いもの見たのに….少し不思議です。

山ほど見た暴力的な映像…なぜ無事に育ったのか…あなたもちょっと考えてみてください。

親世代に暴力反対という気持ちが、実はちゃんとあった。これが一番の理由に思えます。そしてその気持ちがいつの間にか子供に伝わり、暴力はよくないと思う大人になったのでは。

ほんの小さなことを覚えてるってありませんか。これが心の発達に意外に大事なのでは。例えば家族でテレビを見てる時。暴力シーンが映り、親の顔が歪む。そんな些細な情景が、実は子供の心に宿り暴力否定の気持ちの種になる…子育てが終わった今、そう思えます。

あなたも子供への愛と暴力否定の気持ちがなければ、ここまで読んでくれなかったはず。その気持が何と言っても一番。

テレビやメディアの影響、心配しすぎる必要ない。あなたの価値観が伝わり、あなたの子供を導く羅針盤になるから…私のこの結論単純すぎ、楽天的過ぎるでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました