【World Life】とは?
スポンサーリンク

戦闘糧食対決!自衛隊 VS 米軍

World Lifeな生活
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

ミリタリー飯(またはミリ飯)が話題になっているのをご存知でしょうか。
東日本大地震では,被災地に60万食のミリタリー飯が配られました。

ミリタリー飯とは,自衛隊の非常食のことで,自衛官が演習や訓練の時に食べる食事のことです。
最近は,ミリタリー飯が,災害のみならず,レジャーやキャンプなどにも活用されているのです。

米軍にもミリタリー飯があり,コンバット・レーション(Combat ration:戦闘糧食)と呼ばれています。

自衛隊と米軍のミリ飯は,それぞれまったく違うコンセプトで作られています。自衛隊は,カロリーと栄養を考えた機能食品という感じですが,アメリカ軍は,なんとフルディナー・タイプなんです。

米軍は良いものを食べているなあという感じですね。でも,日米のミリ飯を食べ比べてみたら,そうでもないことが分かります。

今回は,そんな日本とアメリカのミリタリー飯を紹介したいと思います。

まずは,自衛隊のミリタリー飯から。

自衛隊の主食―缶詰

皆さん,これが自衛隊のミリタリー飯,缶飯(かんめし)です。

自衛隊員は,派遣された被災地では,温かい食事(自衛隊では温食と呼びます)を食べることはありません。缶詰食(缶飯:かんめし)を食べます。

写真のように,OD 色(オリーブ・ドラブ色:Olive Drab)に塗られた缶詰で,熱湯でボイルすることで,調理済みの状態になります。

ご飯の種類は,白飯,赤飯,五目御飯などがあり,それにウインナーソーセージ,たくあんなどの副食(おかず)がつく場合もあります。

敵と戦う時間を,戦闘状況と言いますが,その間,火は使いません。煙がネイティヴ・インディアンの狼煙(のろし)のようにあがって,敵に自分たちの位置を見つけられてしまうからです。

戦闘中に,火を使わず食事がとれるように,あらかじめボイルして食べれる状態にしたものを、持ち運べるよう工夫された戦闘糧食が,缶食だったのです。自衛隊演習場で,戦闘訓練を重ねる自衛隊は,有事を想定して,缶飯を食べ,飢えをしのぐのです。

最前線に配置される歩兵部隊は,戦闘糧食を自分の背のう(デイバッグのようなもの)に,行動する日数分入れ,それを担いで,敵陣近くまで徒歩で移動するという作戦を実行します。

長時間の訓練で空腹を満たすものは,自分の背のうに入れた缶飯だけです。

缶飯の味は?

缶飯の味はどうなんだろうか。気になるところですよね。

缶飯は,非常食と呼ぶ通り,作戦の状況が厳しい時に,自分の命を守るために食べる食料です。

過酷な条件(雨,雪,嵐,極寒,猛暑など)の中で,激しい運動ができるように、栄養と、カロリー摂取を目的に作られたもの。完全機能食品です。

一晩中,思い荷物を背負って行軍(約40kmを歩く)した後,夜明け前の薄暗い中,携行した缶切りで缶のふたを開け,冷めたご飯を食べる。「うまいわけがない!」と考えるのが普通。

防衛省・自衛隊神奈川地方協力本部HP
https://www.mod.go.jp/pco/kanagawa/kouho/kan/kan.html

中央 鶏肉もつ野菜煮 とり飯 赤飯  五目飯
手前 サバの水煮  マグロの味付  味付ハンバーグ  たくあん漬

缶のふたを開けた写真をみて,どうでしょうか。見かけは,美味しそうに見えます。食してみると・・・,

やはり美味しい。笑

レストランや食堂で食べる「美味しい」食事とはいいませんが,一般的な食事で美味しい!栄養と、カロリー摂取を目的に作られたものにしては、「それなりに美味しい」ということですね。

山の中で座って休憩ができ,空腹を食べ物で満たすことができる幸せ。一般にはあまり経験できない幸福感です。

この缶飯を開発した業者は,防衛省からの厳しいニーズに応えるべく,研究と試作を重ね,ボイルするだけで、その後数日間,食べる状態を維持できる缶飯を完成させて,1954年から防衛省に納入しています。

食材もしっかりと精選され,高品質の食材が使われています。日本の業者は,本当に素晴らしいです。
その完成度が高かったので,防衛省は、これを海外派遣の際の糧食としても使っています。

ディナータイプの米軍の戦闘糧食 


Muttley – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, リンクによる

次に紹介するのは,アメリカ軍の戦闘糧食(Combat ration)です。
 
茶色のパッケージにMEALと大きく書かれているものが,アメリカ軍の戦闘糧食であるMRE (Meal, Ready-to Eat)です。意訳すれば,「今すぐ食べられる食事」で、「エム・アール・イー」と呼びます。

アメリカ軍のMREは、主食から副食,さらにデザート,珈琲までがひとつにパッケージ化されています。

え?コーヒーやデザート?

アメリカ軍の戦闘糧食には,自衛隊の考えにはない、食の娯楽性が加わります。

戦闘間の貴重な娯楽時間として,コーヒータイムが加えられました。右の最上部にある黄色のパッケージは,アメリカではお馴染みのM&M’sのチョコレートです。

これは、炎天下でも溶けにくい特徴があります。その下は,調味料のパッケージでタバスコも含まれています。缶詰ではないので,軽量であることも特徴です。

自衛隊の機能的な食事,という考えとは別に,高カロリーと高栄養を達成するために,多くの種類の食品が含まれています。

さらに,第2次世界大戦,朝鮮戦争,ベトナム戦争の経験から,前線の厳しい状況のなかの食事,という特別な時間に,ささやかでも娯楽性を加えて,戦闘員の気持ちを癒す時間を作るという工夫です。

MREってなんの略?

最初、MRE が、Meal, Ready-to Eatの略と知らなかった頃、日米共同演習などで,私が,アメリカ人兵士に

”What stand for MRE?”
(MREって何の略?)

と聞くと,アメリカ人兵士がそれぞれに違う意味を教えてくるので,混乱したことがありました。

実は,英語にはバクロニム(backronym)という言葉遊びがあり,MREという略語を使って,それぞれのアルファベッドで始まる違った意味の英単語を並べて,面白さを競う遊びをしていたようです。

私が言われた,MRE(本来はMeals, ready-to eat) のバクロニムは,

Meals 糧食
Rarely ほとんど~でない
Edible 食用の

つまり、ほとんど食用ではない糧食ということで、その米軍人が言ったM R Eの意味は、「とても食べられたものじゃない!」「食用にはならない!」ということだったのです。笑い話です。

初期のMRE(戦闘糧食)は,保存性を重視し,保存料が大量に使用されたため,味にもかなりの影響が出て,非常にまずく、安全性にも問題があり2週間以上食べ続けないことという規則まであったと聞きます。

実際に,当時のMREは「食えたものじゃない」という感じだったそうです。防腐剤を食べているようなものだったのでしょう。薬品の味がするまずい食べ物という感じです。

自衛隊のミリ飯とアメリカのミリ飯,食べ比べたらどちらが美味しいか,想像がつきそうですね。

進化する非常用糧食

1954年から始まった自衛隊の缶飯は,1990年代にはいると,改良された新型の糧食が入ってきました。レトルトパックの登場です。

缶切りで缶を切る必要もなく,全体を携帯できる蒸気発生器で温め,レトルトバックを開け,プラスティックの容器で温かい食事ができるようになったのです。これを契機に,2016年には缶飯が廃止されることになりました。

レトルトパック型になり種類も本当に多くなりました。五目飯,カニチャーハン,カツオカレー煮,タコライス,すき焼きハンバーグ,カモ肉じゃが,スタミナ丼,肉団子,野菜マーボなど豊富です。

日米が一緒に戦うためには,お互いを知る必要があります。日米合同演習で行なわれた糧食交換会では、自衛隊の戦闘糧食をアメリカ海兵隊員が試食をし,非常に好評でした。

米軍のMRE(戦闘糧食)を試食した自衛官は、「毎食はちょっと!?・・・」だそうです。

アメリカ式のフルコース的な戦闘糧食よりも,ごはんそのものが美味い自衛隊の戦闘糧食は、アメリカ海兵隊兵士の胃袋をがっちり掴んだようです。

時代が変われば,食もかわる

食は文化を象徴します。日米の戦闘糧食を比較して,戦略のコンセプトの違いがわかります。

兵士のために,食料を確保することは,自衛隊も米軍も同じですが,米軍はあくまでも,食料を前線に送りつづけることを真剣に考えてシステム化した。

米軍は,調理した食物の長期保存を可能にし,パックにして戦地へ送った。兵士は,生きた人間であり,国民であり,住民であり,父であり,息子であった。その考えが,戦闘糧食の改良につながった。
フルコースのセットメニューも,食事への娯楽性の導入にも,そういった思いが表れている。

自衛隊は,カロリーと栄養の補給という機能食品を,缶飯で追求した。
そこに戦闘糧食の担当者の思いと,ニーズに真摯に応えようと研究に真摯に取り組んだ,日本の企業が実現した。

安全で美味な戦闘糧食が新しい技術で,ミリ飯として,国民にも受け入れらえている。それは,日本的であり,喜ばしい限りです。時代が変われば,食もかわる。

タイトルとURLをコピーしました