新しくオープンした【World Life】とは?
スポンサーリンク

ジャズ・ヒストリー #1

World Lifeな生活
この記事は約4分で読めます。

今回から6回に分けて、ジャズヒストリーと題してお伝えしたいと思います。
このジャズヒストリーシリーズ、きっかけは私のジャパンコンサートツアーの時に、(あ、私の本業はジャズピアニストです、笑)ジャズクラブは敷居が高くて行ったことがない、と言う声をあちこちで聞いたからです。ジャズが敷居が高い!  ええっ? 私は驚きました。ジャズで有名なシンガーなどは、私はアメリカの演歌だなぁと思っていたからです。八代亜紀を聞くような感じで、ビリー・ホリディを聞いているんです。普通のおんなが、普通の行き場のない恋を、忘れられないあの人を、酔いつぶれながら歌ってる、みたいな。なので、全然敷居が高いと言うのは当てはまらないんです。なのでみんなでジャズを知って、ジャズを聴きにいきましょう(笑)。

それでは、ジャズ入門篇どうぞ。

#1
『ジャズの生誕 1900-1920』

ジャズの生誕と言えば、1900年頃の、ニューオリンズなどでのブラスバンドやデキシーランドが、有名ですよね?

ニューオリンズの空港に到着すれば、ニューオリンズの空港に着けば、1983年日本のホンダシビックのCMが懐かしい、What a wonderful world 「この素晴らしき世界」で有名なルイ・アームストロング像が、迎えてくれます。

空港のルイアームストロング像

アメリカでは、19世紀後半、俗に南北戦争と言われる、欧州移民が持ち込んだ産業革命によって自分たちで工業などの産業を起こし人口も増え景気の良くなってきた北部の州と、南部の州では、当時まだ1600年代から200年以上にわたる、合法な奴隷制度による奴隷の労働に頼った農業、プランテーションが産業の中心であり、自由州か、奴隷州かを巡り起こった戦いがありました。

その時の、マーチを演奏していた軍楽隊の楽器などが終戦後南部の各地に置き去りにされ、本来ならば高級な管楽器類がそこかしこに発見されて、せっかくあるのでそれで演奏を始めたと言うのが、ジャズの始まりなのだそう。なので今はジャズでは定番となっているアコースティックベースですが、当時はマーチングバンドだったので室内用の弦楽器はなく、チューバが、すごく重い楽器だけれどベースパートをとっていたのです。

奥の右の方に見えている大きな楽器がチューバです

この音楽はまず最初は冠婚葬祭に役だったようですが、「聖者が街にやってくる」っていう、有名なお葬式の曲がありますよね、それにブルースや、ラグタイムなどがミックスされ、だんだんとジャズらしくなって来たみたいです。何事も、きっかけって、あとで知ると本当に面白いですよね。

有名なブラスバンドが出演するライブハウスDonna

もともと19世紀には、奴隷として遠くアフリカなどからアメリカ大陸に連れてこられた黒人たちが、夜明けから日暮れまでの綿摘みなど休みなしに働かされており、その重労働の中で、日曜の朝だけはこのコンゴ・スクエアという広場に集まって故郷の歌や踊り、ドラムのリズムなどで労働の辛さを癒したのだそうです。音楽が人の心を癒すのに大きな力がある事は明白で、古代から、人間にはなくてはならないものだったのでしょうね。

ニューオリンズを代表する歓楽街、バーボンストリート

このミシシッピ川の下流にあるニューオーリンズと言う街は、この後寄港地としてホテルやバー、売春宿などがどんどん栄えていき、ブラスバンドを中心とするジャズは、それらの店で必須のものとなっていくのですが、1914年の第一次世界大戦の勃発によって、そのようなムードは一掃されてしまいます。政府によって風俗の店がクローズとなり、仕事にあぶれたミュージシャンたちはミシシッピ川をどんどん北上し、メンフィスを経由してシカゴや、そしてニューヨークなどの大都会へ上っていくのです。

ミシシッピ川で見かけたブルースシンガー

そしてこの続きは、また後日このシリーズの#2として、お届けしますね。

タイトルとURLをコピーしました