【World Life】とは?
スポンサーリンク

借りるは “borrow, rent, lease”?

World Lifeな生活
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

突然ですが,質問です。
英語で応えてください。

“Do you own a car?”
(あなたは車を持っていますか?)

あなたの答えは,

“Yes, I do.”
“No, I don’t.”
のいずれかと思います。(←当たり前)

“Yes, I do.”と答えた方も多いかと思います。

私も以前は持っていました。
以前「は」です。
そうなんです,今は持っていないのです。

さて,その理由は一体何だと思われますか?

―車を持っていない理由―

いきなりの質問から今回のお話はスタートしましたが,
私が「車を持っていない理由」はいくつかあります。

まず,私の住む街では,電車や地下鉄など生活する上ではどこへ行くにも不自由しない,というのもあります。

ありますが,実はそれ以上に大きな理由があるんです。

それは,駐車場代。
高いのです!

うちの家の場合は,25,000円ですって。

都内ではまだ安い方かもしれませんが,私には高いのです。

東京から遠く離れた私の地元なら,ワンルームのアパートでも借りられそうな金額です。(それは無理があるかしら?)

でもそんな私も,車は毎日のように運転しているんです。

というのも,近所には至る所にカーシェアリングサービスがあり,
うちの真ん前にもあるのです。(玄関出て5秒(笑))

だから,まるでマイカーのように乗りこなしているというわけでございます。
さらにシェアバイク(自転車)も増えてきているので,晴れた日はチャリを借りて,
なんてこともしております。

このように最近は,いろいろな物が借りられる時代。

英語で「借りる」という単語,何を思い浮かべますか?

きっと多くの方は,“rent” “lease” “borrow”を思われるのではないでしょうか。

でもこれらの単語,一体どう違うのでしょう?

― “lease” と “rent”の違い―

“lease”(リース)は,イメージ的にもニュアンスを掴みやすいかもしれません。

オフィスなどでコピー機や社用コンピューターを借りたり,社用車を借りたり。

そうなんです。

“lease”とは,「長期間の契約(有料で)借りる」という意味なんです。

それに対して, “rent”はどうでしょうか。

こちらももちろん一定期間はありますが,それでも1日とか3日のように

「短期間(有料で)借りる」

という意味で使われます。

ほら,CDやBlue-ray, DVDなどを「レンタル」するって言いますよね。

“rental”は, “rent”(動詞)の名詞としての形なのです。

それではダイアログで状況をイメージしてみましょう。

“lease”(リース)

A: How long are you staying in California?
(カリフォルニアにはどのくらい滞在するの?)

B: For a year.
(1年間です。)

A: Then, are you buying a car?
(じゃあ,車を買うの?)

B: No, I’m planning to lease a car.
(いえ,車をリースする計画です。)

“rent”(レンタル)

A: I’m thinking about transportation for our family trip next month.
(来月の家族旅行での交通手段を考えているんだ。)

B: Something wrong with our car?
(うちの車に何か問題でも?)

A: I think it’s fine, but our car is not so comfortable for 5 days.
(いいんだけど,5日間にはそんなに快適ではないと思うんだ。)

B: That’s true. Why don’t we rent a bigger and more comfortable car?
(そうだね。もっと大きくて快適な車を借りるのはどう?)

このように,同じ「車を借りる」という場合でも,
長期で借りる場合は “lease”,短期で借りる場合は “rent”が使われるんですね。

― “borrow”は?―

前述した “lease”“rent”の違いは,「長期」か「短期」か,ということでした。

違いはそうなのですが,共通点があります。

それは2つとも「(有料で)借りる」ということ。

レンタカーも,カーリースも,レンタルDVDもすべて「有料」。
だからビジネスも成り立つわけです。

対して “borrow”は,

「(無料)で借りる」

という場合に使います。

これが, “lease” “rent” VS “borrow”の大きな違いの一つです。

A: You know the new city library opened last month?
(先月,新しい市立図書館がオープンしたの知ってる?)

B: Yeah, I heard it’s the biggest library around here.
(うん,この辺では一番大きな図書館だって聞いたよ。)

A: Yes, I’ve just borrowed these books from the library.
(そうなんだ,ちょうどこれらの本も図書館で借りてきたばかりなんだ。)

B: Wow, you must be a bookworm.
(わあ,読書が好きなんだね。)

公立図書館で借りる本は基本的に無料ですよね。
そして1〜2週間以内に返却をします。

ですので, “borrow” が使われるんですね。

“borrow”は他にも,

Scene1
A: Oops, I forgot to bring my pencil case.(筆箱忘れて来ちゃった)
  Can I borrow your pen?”(ペン借りてもいい?)
B: Sure. Here you are.(いいよ。はい,どうぞ。)

Scene2
A: Oops! I forgot to bring my wallet.(おっと!財布忘れてきちゃった。)
    Can I borrow 500 yen? (500円借りてもいい?)
B: Again?(また?)
A: Please!(お願い!)
B: No, why don’t you pay by e-money. (嫌だよ,電子マネーで払ったらいいじゃん。)

物だけではなく,Scene2のようにお金にも “borrow”は使うことができるんですね。

―トイレも借りる?―

よく

「お手洗いをお借りしてもいいですか?」

と言ったり言われたりすることがあります。

まあ,一時的に使うだけだし,ましてやお金もとらないので日本語と同じように

“borrow”を使って,

“Can I borrow the bathroom?”と表現しがちです。

でもこれはダメなんです。

“borrow”は,「(短期間・無料で)借りて返す」という場合です。

「トイレも使った後,返すじゃん?」

そう思ったアナタ。
本当にそう?

“borrow”の「借りる」って,一旦その所有者から「物」が離れて他の人の手に入り,
そしてまた返ってくることなのです。

そう考えると,トイレを借りた場合,

「返す?」
「そもそも借りた?」となっちゃうんですね。

この場合は,トイレを「使う」わけですから

“use”を用いて,

“Can I use the bathroom?”(トイレ使ってもいいですか?)

のようにしましょうね。

じゃないと,

こんなことをイメージされちゃうかもしれません。
ちなみにこれは返しに来たところですね。(違う)

ということで, “rent” “lease” “borrow”の違いがイメージできましたでしょうか。

くれぐれも借りた物は返しましょうね。

これ書いてたら,もう20年くらい前に貸したCDが返ってきていないことを思い出しました…。

CDの延滞料金として代わりに車(高級車)買ってくれないかな(笑)
あ,それよりも駐車場代かな。

それではまた来週〜!

タイトルとURLをコピーしました