新しくオープンした【World Life】とは?
スポンサーリンク

クルーズ船の特等席ってどこ?!

World Lifeな生活
この記事は約5分で読めます。

ニューヨークのマンハッタンからドライブで南へ約4時間半、メリーランド州の、ビーチが見事な「オーシャン・シティ」に来ています。

ホテルのバルコニーから見える大海原は東に面しているので、ライジング・サンを拝もうと思って5時半にアラームをセット。頑張って飛び起きたものの、空は残念ながら雲でいっぱい。

そんな曇り空からのスタートですが、今回は、ブランチからの、飲み物や食事がお得になるハッピーアワー、そして、ハッピーアワーの食事に付いてきた、とっても素敵なおまけについてのお話をお届けします。

午前10時、いい感じの、ブランチの時間となりました。午前10時、近所のサハラ・ホテル1階のカフェ「サハラ・カフェ」へ。ここは、思いっきりローカルな雰囲気のダイナー(アメリカ式一般食堂)で、2年前に行ったときには、見事にグレーヘアの、陽気でとても感じが良いおばあちゃんが、元気にウェイトレスをしてました。

私は、コーヒーに、各テーブルに置いてある、ハーフ&ハーフ(フレッシュ)を使うのは好きではないので、わざわざ厨房の冷蔵庫から牛乳を出してきてもらったり、パンケーキに、同じくテーブルに置いてある、甘いだけのシロップではなく、厨房から蜂蜜を持ってきてもらったりする、わがままなカスタマー。なので、通常ウェイトレスさんへのチップは弾むようにしています。

そのおばあちゃんウェイトレスは、「遠慮しないでバーンとチップを置いてっていいんだよ〜」ってニコニコ、笑わせてくれたのが懐かしい。そんなおばあちゃんウェイトレスを、今年は見かけなかったので、彼女の消息を聞いてみたら、リタイヤされたそうです。

今日のちょっと年配のウェイトレスさんも、ナイスなことこの上ない。クーラーが苦手な私が、いつも首に巻いてるスカーフを、素敵だと褒めてくれた。愛用品で古いものなので、かえって私が恥ずかしくなってしまった。褒められているんだけど、ついつい恥ずかしくなってしまうって、私もやはり日本人だなぁ。

そんないい感じの会話から始まった、今年のこのサハラ・カフェのブランチ・タイム。

私のオーダーは、エッグス・ベネディクトの蟹肉乗せ。エッグス・ベネディクトは、イングリッシュ・マフィン(パンの一種)を2つに割り、それぞれに、メインのハムやスモークサーモン、蟹肉などと共にポーチド・エッグを乗せ、オランデーズ・ソースをかけたもの。

オランデーズ・ソースは、フランス語で、バターと卵の黄身、レモンから作ったクリーム色のソース。このエッグス・ベネディクトは、アメリカのウィークエンドのブランチに、とても人気のメニューです。

今回は、そんなエッグス・ベネディクトの、メリーランド州スペシャル、「クラブミート・エッグス・ベネディクト」。今回のこのバケーションは、これを食べにきたと言っても過言では無い。うむ。美味い。

サハラ・カフェ「Sahara Cafe」
https://saharacafeocmd.com/

本日のハッピーアワー

ブランチの後、ボードウォークを散歩したり、海を眺めながらジャクジーに入たりと、ゆっくり過ごしていくうちに、もう遅い午後。ハッピーアワーの始まる時間です(笑)。

出かける先は、ヨットハーバーのすぐそば、

「アンギュラー・レストラン&ドック・バー」
https://www.angleroc.net/

ここは、連日3pmから6pmは、ドリンクが2杯で1杯分の値段に。そして、なんといっても嬉しいのが、ハッピーアワー・フードで、獲れたてのオイスター、クラム、シュリンプなどのシーフードが格安でいただけること。

おまけに、1人12ドル飲食すると、サービスで、6時、7時、または8時からの、1時間のクルーズに招待してくれる☆(ガソリン代5ドルのカンパは必要)

以前、何度もドルフィン・ウォッチングができました。今日も、ドルフィンたちがクルーザーの横をまるで伴走するようについてきてくれるの、見れるかな。

意外な席?でのクルーズ

私たちが乗りたかった7時出発のクルーズが既にソールドアウトと言うことで、すっかり諦めて、行き交うボートやジェットスキーなどをのんびり眺めながらゆっくり飲んでいたら、急遽キャンセルが出たそうで、7時の便に乗れることに。

すでに6時45分だったので、大慌てでドリンクを飲み終え、フードを平らげ、支払いを値段も見ずにカードで済ませ、$5を握り締めクルーズ乗り場へ走る。なんてこった。

こんなふうに慌てて船に飛び乗って、もし船酔いでもしたらどうする、無理しない方が良くはないか、でも良い、このクルーズは風を切ってオーシャンを突き進み、ものすごい気持ちが良いに違いない。そうだ、きっと最高の気分になれるはず。そっちが勝った。

と、汗だくになって、列の最終尾に並び、クルーザーに乗れた。なぜ7時の便が良いかと言うと、サンセットが見れるから。ちょうど日没の時間なのです。

乗れたはいいが、席が、全然ない。船員のお兄さんを捕まえ、「座るところがないんだけれど」と焦って聞いてみた。そしたら彼はニコッと笑って、「特等席がとってあるよ」って。「え?」

船のへさきのところ、まさか、あんなところに座れるものだとは知らなかった。映画「タイタニック」に出てくる、有名な場面がありますよね。あれはやんなかったけれど(笑)、あの気分はじゅうぶん楽しんだ。

船内では、お隣のご夫妻といろいろお話したりして、乗船する前の慌ただしさから、なんだか転じてのどかな船旅となりました。

ご夫婦とのお話では、そのご夫婦の息子さんがブルックリンで仕事をしていて、最近孫が生まれて、その名前がブルックリン・ブリッジって言うんだって(笑)そんなお話をしていたら、クルーズ途中で、マイケル・ジョーダンのクルーザーと、ちょっと離れてはいたけれどすれ違ったり。

なんだかバタバタのクルーズでしたが、かえってハプニングがあると、忘れられない思い出に。

クルーズの後、あまりに気持ちがよかったので、またボードウォークを散歩。

ではまた次週、この続きを。

 

※私の投稿一覧は↓の「Kayo(平木かよ)」をクリックしてください♫

タイトルとURLをコピーしました