新しくオープンした【World Life】とは?
スポンサーリンク

単語DNAで意外な自然体験?

World Lifeな生活
この記事は約5分で読めます。

『他の国々にあるのは気候で、イギリスにあるのは天気だ。
(Other countries have a climate; in England we have weather…)
たった一日の中で四季を体験できるのは英国だけだ。
(In no other country can one experience four seasons in the course of a single day!)』

これはある英語教科書の一節で、とてもよく引用される箇所です。英国の変わり易い空模様をclimateweatherの2語を使いまとめています。

一日に四季の分、まとめて変化が起きる位なら、天気が変わり易いのは確かですね。でも今の日本、変化の激しさは負けてないかも。私の所でも昨日まで猛暑、それが一晩で寒い程の朝。季節の移り変わりが強く感じられますね。

さて話を一旦weather(ウェザー/天気)とclimate(クライメット/気候)に戻します。この2語の違い、weatherは「(毎日変化する)天気」、climateは「一定のパターンの気候」とされます。引用の説明もそこがポイントになっていました。
  
weather ・・・(毎日変化する)天気
climate ・・・一定のパターンの気候

でもちょっと不思議にならないでしょうか。気象を表す似た2つの意味から、なぜそんな差が出てくるのかなと。

私も不思議な気持ちで単語DNAを調べてみました。単語DNAとは英語やフランス語….などの大昔に遡るツール。するとなるほど、と納得できたんです。

<weatherは風向きの違い>

まずweather には単語DNAの「ヴェー/(風が)吹く」を持っています。同じDNAを持っているのは例えばwind(ウィンド/風)。そのままですよね。

つまりweather(ウェザー)は風の変化、向きや強さの変化位が元々の意味のようです。風向きだったら頻繁に変わりそう。むしろ一定に吹く方が難しいかもしれません。

他方climate(クライメット)の単語DNAは「クリーやクライ/傾き」です。これ言い換えると、大昔の「緯度」かも。緯度は「~度」って角度ですよね。そして各「緯度」の辺りの気候をclimateと呼んだようです。そうするとclimate「気候」は寒帯や熱帯等一定パターンの感じになりますね。

傾きDNAの他の例は、reclining chair(リクライニング チェア)。これは、re (後ろに) + clining (傾く、傾いている) で「後ろに傾けられる椅子」ということです。

weather(風の変化)        ⇒ (毎日の変化する)天気
climate (緯度ごとの気象パターン) ⇒(場所・時代ごとの一定パターンの)気候

<壁に耳ありでなく、窓に目がある?>

Window(ウィンドウ/窓)の最初の部分はwind(ウィンド/風)。では最後の-owって何か知っていますか?私今回調べなおして少し感動しました。それは-owの単語DNAが「アウグ目/」だと再確認したんです。ちなみに、ドイツ語でこの単語DNAを持っている語は、Auge(アウゲ/眼)です。

ですからwindow は単語DNA的には「風の眼」。これって素敵な表現だなと私思います。家の中に風がのぞき込んでくる、その風の目が窓だって言うんですよね。

どうして窓をこんな風に呼んだのか。考えてみるといろいろな理由が考えられそうです。

「悪い風に当たるな!」などを「風の眼(窓)を閉めろ!」と言ったとか。あるいは「他人の目」っていうことなのかも。例えば、「人が窓から見てるぞ」と注意したい時、「風の眼を閉めろ」と言った…「隣の~が見てる!」と直接に言うのを、避けたのかもしれませんね。

<翼も風>

鳥などのwing (ウィング/翼)も、「風が吹く」というDNAを持っています。現代は、鳥を間近に見る機会は減っているかもしれませんね。近くで見る時には、もう鶏肉状態かも。

私の周りでは、田舎が残っているので、鳥を目にすること結構あるんです。小川の土手で足元から、鷺(heron/ヘロン)に飛び立たれたことがあります。また小さな百舌(shrikeシュライク)が、物置から飛び出てくることも。

それで、近くで飛び立たれると、翼の羽ばたく音がちょっとすごいんです。どこにそんな力がと思いますが、翼って風に乗り、風を縫っていくものだなと実感させられます。

こういう体験、まさに単語DNAで可能になる、一味違う自然の体験ですよね。

<社会的距離の時代に自然を身近に>

私今回、天気や風等の自然の事物の話をしましたが、不思議な楽しさがあったんです。なぜだろうと考えたのが、元々人間は自然と関わるようにできてるからかなと。そもそも人間って自然ですよね。

「社会的距離」で、人と気楽に話せない、人の絆が恋しい…苦しい不幸な今を嘆きたくなるかも。でも幸せの求め方が、偏っているとしたらどうでしょう。人間関係だけで、自分の幸不幸を考えていたとしたら…私も実はそうでした。ハッとしたのは、養老孟司氏の概ね次のような言葉。

「幸福とは?と尋ねると、ほとんどの人が家族や、仲間の絆…つまり「人間関係」を答える。
一方「風」とか「天気」「鳥」など自然の風物に幸福を感じるという答えはほぼない。
これは余りに偏りすぎだ。人も自然の一部。
人同士の関係だけでなく、自然の風物も幸福感を与えてくれるはず。」

今回英語のDNAのお話で、窓や天気、鳥の翼の中に風があることをお話しました。窓の外の自然に目を向けて、実感で味わい確かめられるといいですね。


引用
“Modern English I for Teacher Students” by G. Graustein

【養老孟司】幸せか不幸かはすべて人間関係から
https://www.youtube.com/watch?v=a2D8TG98Cnc


※私Jiroの投稿一覧は↓の「Jiro(今村 二朗)」をクリックして頂くとご覧頂けます。

タイトルとURLをコピーしました