【World Life】とは?
スポンサーリンク

「狐の嫁入り」って英語でなんていう?

World Lifeな生活
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

晴れているのに雨が降る、そんなお天気は、日本では「狐の嫁入り」なんて言いますよね。古くから日本の本州などに伝わる呼び方なのだそうです。晴れているのに雨が降る、なんて信じられないようなことが同時に起こるので、狐にばかされているのか、と昔の人は思ったのかもしれませんね。

さて、この現象、英語では何て言うかご存じでしょうか?「Sun(太陽)shower(にわか雨)」? もちろんそれでも通じますが、何と、想像もつかないような面白い言い方が、あります。

悪魔が彼の奥さんを!

アメリカの南部でよく言われているのだそうですが、

The devil must be beating his wife.
なんと、
「悪魔が、彼の奥さんをぶん殴っているに違いない」って!!

この言い方は、もともとはリベリアで生まれた表現らしいです。

The devil and his wife is fighting over a piece of bone.
「デビルが奥さんと、一本の骨を巡って、取り合いのケンカをしている!」

という、なんか凄い情景が想像されます。さてデビルか奥さんか、どちらが勝ったんでしょうね(笑)?

狐の嫁入りはライオンの出産

この「狐の嫁入り」、調べてみると、世界中でさまざまな面白い言い回しがありました。

ナイジェリアでは、

Lion is giving birth.
なんと、「ライオンの出産」。ううむ。

ドイツでは、「魔女がパンケーキを焼いている」「悪魔のダンス」「仕立て屋は天国へ行く」「貧乏人が金持ちになる」って。

ハイチでは「ゾンビが、しょっぱい食べ物をめぐって、彼の妻をぶん殴っている」って、どんな状況!?(大笑)

アフリカでは、

Jackal marries wolf’s wife.
「ジャッカルが、狼の妻と結婚する」らしい。

やっと、夫婦の喧嘩話から結婚話系で、ちょっと日本の言い回しに近づいてきたかな。

しかし、「狼の妻」って言う事は、既婚者(既婚狼))!? あれ、それってこれから「ジャッカル」と「狼夫」とのあいだで、ものすごい喧嘩が起きるってことかしら💦

そして、
バングラデシュやインドでは、「ジャッカル(または、キツネ)の結婚」

おおっ、ようやくキツネが登場するのを見つけました!

雨に関する英語表現いろいろ

他国でも、キツネがみつかったところで(笑)ではここで、雨に関する、英語の表現も少しご紹介しておきますね。

rain」は、もちろん雨のことで名詞ですが、雨が降る、という動詞にもなります。

shower」と言うと、ざあっと急に降り出す、にわか雨のこと。

”There would be a shower this late afternoon.”
(今日の夕方、にわか雨があるかも)

という感じ。

drizzle(ドリズル)」もよく用いて、小雨で、傘がいるかいらないかぐらいの微妙な感じの雨のことです。でも、みぞれ、のことも言うことがあります。

pour(ポア)」は土砂降りのこと。ずぶ濡れになっちゃうので傘をさしてもあまり意味がないような、バケツをひっくり返したような雨。

”It started pouring on my way home from my work.”
(仕事の帰りに、急に土砂降りが〜!)

soak(ソーク)」は、びしょぬれになること。

“So I was soaked then.”
(だから、それでびしょ濡れになっちゃったよ。)

また、バケツをひっくり返したような、というのを直接的に言う

Rain buckets」という英語もあります。

”It’s raining buckets.”
(今日は土砂降りだ。)

色々な表現がありますね。

余談ですが、もともと、ニューヨーカーは余り傘を持ち歩きません。というのは、アメリカの傘は、大きくて重たいので、予備としての携帯には向かないのかも。また、空気が乾燥しているので、衣服が濡れてもすぐ乾くって言うのも、あるかもしれません。

危険な雨の表現

では次に危険な雨に関する表現も。
洪水は、「flood(フラッド)」。「flood warning(フラッド・ワーニング )」は、洪水警報。「flood alert(フラッド・アラート)」とも言います。ニューヨークのマンハッタン島は、南のダウンタウンのあたりは標高が低めで、よくこの警報が出ます。

危険なのは、「flash flood(フラッシュ・フラッド)」、鉄砲水のことで、あっという間に、地下などが急に浸水するので、厳重な注意が必要です。

大雨は、「heavy rain」「hard rain」です。

ニューヨークでは、昨年2021年9月の初めに、ハリケーン・アイーダの影響で大変な被害が出ました。公園道路が運河になり、地下鉄の階段が滝になったのです。マンハッタンの沿岸部分は海面上昇の影響を受け易く、また都市部は、急な降雨量によりダメージを受けました。これを受けて、ニューヨークでは、現在、様々な冠水対策が検討されています。


最後にもう一つ、
雷雨注意報は、「Thunderstorm Watch(サンダーストームウォッチ)」
ニューヨークは空気が乾いていることもあり、雷がよく落ちます。ピカピカッ、バリバリッときてドーンと、凄い音が聞こえます。そのたびに、怖がりの私はひやっとして、小さい頃母親に「おへそ隠して!」と言われたのを思い出し、苦笑します💦。


日本ではもうすぐ梅雨入りですね。沖縄が、そろそろなのかな。
季節の変わり目、どうぞ体調を崩されませんように。
ではまた来週。

Kayo

タイトルとURLをコピーしました