【World Life】とは?
スポンサーリンク

大谷出場のHRダービーに鹿が?

World Lifeな生活
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

米大リーグの大谷選手が、19日MVP(Most Valuable Player Award)を受賞しました。

これはほぼ全大リーガー対象に、一年通した活躍度を評価する飛びっ切りの賞。日本人選手はイチロー選手以来20年ぶりとか。私も嬉しかった!

私大谷選手で思い出すのがHRダービー。これオールスターゲーム期間中のイベントで、選り抜きの打者達が一定時間内のHR数を競うもの。日本人として初選出され、TV中継が今も強く印象に残ってるんです。

そこで今回取り上げるのは「ダービー」。今は「競馬」とか「競争」の意味で使われている「ダービー」ですが、私の関心は言葉その物。「ダービー」という単語自体の語源や深い意味、単語から直に知りたくなるんです。これ一種の趣味かも。

そこで単語DNAという九千年前まで辿れるツールで、Derby(ダービー)のDNAを見てみました。
すると意外なことが分かったんです。

<Derbyとdeerのつながり>

Derby(ダービー) のDer-は単語DNAのDHEUE(デウエ/動物・息)というものに由来します。-byは「村」。つまりDerbyの意味は語源的に「動物村」。何だか楽しそうな村の名ですね。狩りとかが盛んで、腕の良い狩人が大勢いたのかも。

(DHEUE→)Der (動物) +-by (村) ➾ 「動物村」

Der -と同様、DHEUEから生まれたのが今のdeer (ディア/鹿)。但しDHEUEから生まれた当初は、deer鹿に限らず「動物一般」を表す意味でした。その後「動物一般」の意味はanimalが担いだし、deerは「鹿」だけの意味になったようです。

ちなみにドイツ語では、同じDHEUEからTier (ティア/動物・獣) が生まれました。そして今も「動物一般」の意味で使われています。

<息で曇る物とは?>

DNA DHEUEには「息・呼吸」の意味もありました。大昔の人は動物の特徴を、呼吸だと捉えたのでしょうか。そして「息」から「(息で窓が曇る様に)目/頭がぼやける」という意味もできたみたい。例えば

DHEUE → dusk(ダスク/目がぼやけ見えにくい→黄昏)

DHEUE → dumb(ダム/頭がぼやけ➾バカな)

どちらも語尾は、長い間に少し変わったのは仕方ないかも。数千年の時間が単位ですから。

       ↗dusk(目がぼける)黄昏
DHEUE(息・呼吸) ➾(息で曇るように)
       ↘dumb(頭がぼける)バカな

<大谷選手の息が上がったわけ>

HRダービーの会場、クアーズフィールドがあるコロラド州デンバーは標高1600mの高地。大谷選手も息が苦しそう。TVにも「疲れた~」という口の形がはっきり映っていました。

大変そうな彼の様子に、私の頭に浮んだのが、Derbyの呼吸繋がり。

Homerun Derby (ダービー) …Der-(ダー/動物)… DHEUE(デウエ/息)

の繋がり思い、ついニヤリとしてしまったのはきっと私位ですね。

栄えあるMVPを取った大谷選手。来年もさらに活躍できるといいですね。

 


追伸
成人馬の競争、所謂ダービーは、大本は1780年ダービー伯爵(Earl of Derby)が始めたそうです。
ダービー(Derby)伯爵の名前は「動物村」の意味。つまり「動物村」様が動物の競争を始めた…偶然にしては出来過ぎ?
名前の持つ意外な影響力については、こちらの記事をどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました