【World Life】とは?
スポンサーリンク

Stand up!って失礼な表現?

World Lifeな生活
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

“Stand up, please”これが失礼な表現だといわれると,戸惑ってしまう方も多いのではないでしょうか。
pleaseもついているし,日本語にすれば「どうぞ,お立ちください!」って感じ!
別に問題ないんじゃないの?って思います。
実はこれって,とんでもない表現だったのです。

<Stand up & Sit down, please!>

日米のイベントで日本人司会者が,“Stand up, please”,“Sit down, please!”とアナウンス。
それは,来客全員に向かって「立て!」,「座れ!」と命令口調で言っているのです。

中学校の英語のクラスを思い出してください。始まりと終わりで,この表現使っていました。
日本語では,「起立!着席!」なんとなくきびきびして,いい感じです。それが勘違いです。

教室ではなく,公式の場で、「立て,座れ!」と言われたら,あなたはどう感じますか。不愉快ですよね。‟Please“がついているから,丁寧な表現になる訳ではありません。

そもそもPleaseは,「~してくださいませんか?」というお願いの表現ではないのです。
プリーズの意味は,あなたが同意して,更に従っていただければ「嬉しい」ということ。

相手に,直接行動をさせる命令口調は,英語では日本語の数十倍,強引で,失礼な表現になります。日本語と英語の違いがそこに鮮明にでるのです。要注意です。

先ほどの日米イベントの司会の「立て!座れ!」は,お分かりのように不適切であり,さらに出席者(お客様)を不愉快にしました。

アメリカでは,国歌に対して敬意を表することが義務付けられています。生活にも密着しており,子供のころから胸に手を当てて敬意を表し、国歌を聞くことが身についています。

ですから,基本的にアメリカでは国歌斉唱(演奏)に対して,国民に起立を促すアナウンスはありません。国歌を聞いたら立ち上がり胸に手を置き敬意を表すからです。

アメリカでは、外国人が参加するイベントでは,次のようなフレーズがアナウンスされます。

“Please , rise for the National Anthem”
「国歌斉唱(演奏)のため,ご起立ください」
です。

please を冒頭にもってきて,「趣旨に賛同していただき」と前置きし,“Stand up!”という強い命令口調を避け,「国歌斉唱(演奏)のために」と目的を述べています。

こうすれば、失礼な表現にはなりません。参加者全体に趣旨説明をしたうえで、起立してもらうということになります。参加者も納得できる表現になります。

もう一つ有名な例を挙げておきましょう。アメリカ合衆国大統領の就任式や有名なスポーツイベント等で,アメリカの有名な歌手が国家を斉唱(演奏)します。

その時のアナウンスは,次のようになります。

“To honor of America and perform our National Anthem, Please welcome Lady Gaga!”
「アメリカの名誉のために国歌斉唱するレディー・ガガに歓迎の意を表してください!」

アメリカ国歌を斉唱するレディー・ガガに敬意を表する(welcome)という表現,素晴らしいですね。又,われわれの(our)国家ということで気分(愛国心)が高揚します。

アメリカ国民は立ち上がり,レディー・ガガを歓迎し,国歌に敬意を表するのです。

<動詞にupをつけることによって生まれる効果>

ここで,動詞にupをつけることによって生まれる効果をまとめておきましょう。
upを英語の動詞につけることにより,行為の「程度,完全性,命令口調」が強調されます。

英語の動詞+upの形にすると,効果や意味が強調されます。辞書に書かれていない意味や感覚を、語感といいます。この語感を頭に入れておくと英語表現が非常に豊かになります。

今回は,冒頭で紹介したstand upを含めて,役に立つ表現を3つ紹介しましょう。

◯まっすぐに上がる動作
Stand +up・・・直立する,すぐに立ち上がる動作を表します。

◯全力で集中する態度
Listen +up・・・全力で,聞くことに集中する

◯音量などを上げる、増加させること
Speak +up・・・話し声を大きくする,大声で話す

それでは、それぞれの表現を説明していきます。

<Listen up! 集中して聞きなさい!>

前回お話したように,聞くことに専念しろという命令です。聞く(listen)という行為を完全に実行しなさいという期待が込められています。

日本語の命令口調と違うところは,アメリカ人には、大声で一斉に動作を強要するという考えが避ける傾向にあること。聞くという動作に集中しなさいと相手に促すこと。

「聞け~!」と怒鳴ったところで,人の話を素直に聞く人はあまりいません。反対に,「なぜ怒鳴る?なぜ命令する?」といった反発が強くなるかもしれません。

そういったマイナスの心の動きは,聞くという行為につながりません。“Listen up!”は、聞くことに集中しなさいと促しています。

お互いに言っていることを聞き,理解することが、アメリカの文化です。

<Speak up! 大きな声で話しなさい!>

upには,程度を上げる,増加させるなどの意味があります。

ラジオやステレオで音楽などを楽しんでいる場合,もう少し音量を上げてほしいときなど,
Turn up the volume!「音量を上げて!」というときと同じ感覚です。

Speak upupは何を増加させるのでしょう。相手の話している声の音量を上げろということです。つまり声が聞こえないので,「大きな声で話しなさい」と言うことになります。

Would you speak more loudly? 
「もう少し大きな声で話していただけますか?」

と丁寧な表現が使えれば最高です。

しかし,大きな会場などで,話が全然聞こえない場合,丁寧な表現より,直接的な“Speak up!”「声を大きくしてください!」という表現は簡潔で便利です。

自分の意見を言うのが恥ずかしくて,声が小さくなる場合もあります。相手にもう少し大きな声でと促されても,なかなか応じられない場合もあります。

そんな時に,”Speak up!”と「大きな声で!」背中を押されると声が大きくでることもあります。upをつけることにより,ちょっとインパクトの効いた表現になるのです。

 

動詞+upを使った命令口調は,その使い方をしっかり理解したうえで使用できれば,物事を進めようとするときに,非常に効果的な英語表現となります。

英会話の中で効果的に使ってみてはどうでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました