【World Life】とは?
スポンサーリンク

映画のようなNYの日常

World Lifeな生活
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

ちょっと曇り空、4月も末の火曜日、夜7時過ぎのニューヨーク、マンハッタンのグリニッジ・ビレッジ。

32歳のディビッドは、父親の愛車マスタングを借りて、ホールフード・スーパーマーケットまで買い出しに出ていた。買い物が終わって、いちど車のトランクにグロッサリーを詰め込んだものの、ちょっと気になるフードベンダー(屋台のようなもの)があったので、エンジンをかけたまま、車にロックだけして、ベンダーに立ち寄った。

ベンダーで、チキンラップをオーダーし、ふと気になって後ろを見ると、なんと、2人の若者が、自分の車に乗り込むところだった。

しまった!!

直ぐに戻ろうとするも、既に車は出てしまった!

デイビットは、とにかく走って車を追いかける。マンハッタンの街中、通行人も多く、車は渋滞でスピードを上げられない。

「車を止めろ!、今返せば、警察には言わない、許してやる、だから黙って車を降りろ!」

しかし、彼らは完全にディビッドを無視した。大バカ野郎どもだ!

まだ渋滞は続いている、うまく行けば追いつけそうだ。

デイビッドは「俺の車が盗まれてる!!」と叫びながら、マスタングを、全力で走って追いかける!

人々が振り返る、写真を撮るものもいる。

全力で走るも、こっちは人間。息がハアハア上がって、これ以上はもう息が続かない・・・。

27*ブロックほど追いかけたところで、なんと思いもかけぬ、救いの神が!!
(*ニューヨークの1ブロックは、約50m。27ブロックは、約1350m)

家族連れのファミリーカーが1台、なんと彼のために急停止してくれたのだ。車には多分奥さんと子供。ドライバーは、助手席に乗っていた子供を、後ろの座席のワイフにポーンと投げ、「ここに乗れよ、レッツゴー!」と!

「ええっ?ほんと?!」
「もちろんさ!!」

助手席にデイビットが乗りこみ、ドアを勢いよく閉めるのとほぼ同時に、ドライバーはギアを入れ、思いっきりエンジンをふかす。

マンハッタン内で、カーチェイスが始まった。盗まれたムスタングは、グリニッジビレッジから東へ、南へ、ソーホーを抜け、チャイナタウンを抜けて逃げる。

ファミリーカーのドライバーの運転の腕前も、見上げたものだ。デヴィッドは、

「赤信号は全部無視しろ!、違反チケットは俺が全部払う!」

とファミリーカーのドライバーを煽る。

盗まれた車が、渋滞につかまって止まった。

デイビットはファミリーカーから走り出し、盗難車の助手席を思いっきり開け、中から1人の若者を引きずり出し、殴り合いになる。

こいつはデカい。190センチ、90キロはありそうだ。ディビッドも長身190だが細身。しかし、子供の頃から太極拳をかなり真剣に練習し、今でも毎週ボクシングのジムに通っているので、負けるとは思わない。

が、バカスカ殴り合っていたところで、車の列が動き始めた。それを横目で見た、盗っ人の若者は、殴り合いの隙をみて抜け出し、思いっきり車へ向かって走り、ジャンプイン、車はまた走り出してしまった。

クソ!再びカーチェイスは続く。

とうとう盗まれたムスタングは、キャナルストリートを、*ホーランド・トンネルへ向かい始めた。

ホーランド・トンネルを超えると、そこは隣りのニュージャージー州。トンネルを抜けてしまえば、道路はそのまま、デラウェア州やメリーランド州など、あらゆる州へのハイウェイとつながっている。なので、ここで逃してしまうと、もう車の取り返しは無理に等しい。

(*1996年、シルベスター・スタローン主演の映画「デイライト」の舞台となったトンネル。)

盗難車はとうとうトンネルに入ってしまった。ハドソン・リバーの底をニュージャージー州に繋ぐ、約3km弱のホーランドトンネル内で、カーチェイスは続く。

その時すでに、デイビットはポリスと直接、携帯電話で話している。

「盗難車はホーランド・トンネルへ入った!トンネル内を全てシャットダウンするなら、今だ!」

カーチェイスが続く中、なんとここで、もう1台、車の助っ人が入った。

なんと盗難車を、左サイドから右側の壁に向かって思いっきりブロック!!

ムスタングは無残にも、フロントがグシャッと潰れて、止まった…。

 

数分後、前後から、けたたましいサイレンとともに、ポリスカーが駆けつけた。ポリスたちによって盗難車から引きずり出された2人は、なんと18歳と16歳の少年。

助手席に乗っていた、ばかでかい少年は、16歳の方だった。18歳の少年は、なんとつい数日前に刑務所から出てきたばかり。また、戻ることになってしまった。一瞬の出来心が、若い彼らの一生の運命を、大きく変えた———–。

 

その後、ディビッドはニュージャージー州の警察へ、200ドル分も買った、大きなスーパーの袋を抱えて同行。夜半過ぎまでペーパーワークを作る羽目となった。

ファミリーカーのドライバー家族へは、日を改めて、ちゃんとお礼をすることになるだろう。彼らがいなければ、とっくに今頃、ディビッドの父親の愛車マスタングは、遠いステートで、安く叩き売られていたに違いない。

自分の車で盗難車をブロックして止めてくれた車も、側面が潰れたそうだ。マスタングの修理代と併せて、数千ドルになるだろうが、それは保険では支払われない。盗難車を運転していた人間がまだ18歳なので、その家族に全額請求が行くだろう。やっと刑務所から出てきた息子が、今度は多額の負債を保護者に背負い込ませた…。

 

これは実際にNYの友人に起こった話。
全長3kmのホーランド・トンネルは通行止めとなり、交通にも甚大な影響が出ていたのだけれども、どこのニュースにも取り上げられていない。

特別な話ではなく、普通のニューヨーク、普通の1日だから。

ではまた来週☆
Kayo

 

 

タイトルとURLをコピーしました