新しくオープンした【World Life】とは?
スポンサーリンク

毎年ヤシの木に数億円掛ける店

World Lifeな生活
この記事は約3分で読めます。

ここ数年気に入って、毎夏に訪れている、アメリカメリーランド州の海辺の街、オーシャンシティ(Oceancity)。今年は、コロナがまだちゃんとおさまったとは言えないので、どうしようかと迷いましたが、いつまでも引きこもっているわけにもいかない!という思いと、ニューヨークが、少しずつ元に戻っているという状況もあり、行くことにしました!

海辺のリゾートの街、オーシャンシティの様子を、訪れたバーやレストランを中心に数回にわたってお届けしています。

(前回の様子はこちらから)

今回まずは、海岸沿いでは割と珍しいビストロの、ランチからスタート。

ビストロ「リキッド・アセット」Liquid Assets
https://la94.com/

まぁおしゃれな広ーいロフト風のワイン屋さんで、スペースごとに、ソファーやテーブルがあります。ソファーでゆっくりカクテルを楽しむもよし、グループのメンバーが揃えば、ダイニングルームに移るもよし。客層も、ビーチ目当ての観光客と言うよりは、地元のビジネスピープル御用達、といった感じ。

ちょっとハイレベルな、マイアミっぽい、軽い涼しげな素材のスーツで、薄型のハンドバッグとタブレットを小脇に挟んだ、ヒールの女性がいたりします。

ここのランチは、全て日替わりで、当日の市場の様子で内容が変わるそう。スープ、サラダ、クックされた地元のベジタブル、パスタ、バーベキューの中から、好きなものを2つ選んで11ドル、と言うもの。

私は、旅行中、調理された野菜というのをすごく貴重に思っていて、まずクックド・ベジを選択。アメリカでは特に、観光地では野菜というと、サラダぐらいしか口に入らず、旅の間は野菜がとにかく不足がちになるので。

トマトって夏がシーズン、ではせっかくのシーズンのトマトのスープもいただきましょうと、まるでダイエットでもしているかのようなチョイス。後でお腹がすいたら、また何か別なもの食べればいいや、そうそう、人生は楽しむためにある!

アメリカにいながらジャマイカ気分

ここから、大好きなオーシャンビューのバーを何ヶ所か回ります。

さあて、こちらが、アメリカでも有数の大型リゾートレストラン・バー

「シークレット」Seacrets
https://seacrets.com/

広大な敷地内には、なんと17のビーチ・バーやダイニング、コンサート用ステージが3カ所、そしてホテルや、アパートメントと、リカー醸造所まであります。↑の写真のように、海中の中に設置されたテーブルと椅子に座って、水着姿でお酒を楽しむことができるエリアもあります。

ここ「シークレット」では、アメリカにいながら、ジャマイカの気分を味わえる、というのがウリ。

敷地内には、見事なヤシの木が、所狭しと青々と生い茂っている。実はこのメリーランド州は海岸沿いでもあり、冬は寒く、ヤシの木は全て枯れてしまうので、毎年初夏、このリゾートがオープンする直前に、全株を植え替えるそう。

17のビーチ・バーやダイニング、ステージ3カ所、ホテルや、アパートメント、そんな広大な敷地のヤシの木、全株植え替えるのに掛かる費用は、なんと、毎年ミリオンダラーズかかるそうな。それって日本円に直すと、数億円!

ここで味わえるトロピカル気分って、なんという贅沢!

シークレットのレストランフードでは、ジャーク・チキンがとってもオススメ。ジャークチキンは、有名なジャマイカ料理で、チリ、ペッパー、ナツメグ、クミンなどいろんなローカルのスパイスをミックスした、辛めのスパイスの中にチキンを漬け込んでから、グリルしたもの。

そんなジャーク・チキンが食べたい!という強い誘惑に負けそうになりながら・・・・・

勝った!
まだまだバーをまわりたかったから、食べるのは後の楽しみに我慢!

というわけで、何も食べずに、次のバーへ(笑)。

続きはまた次週。

 

オーシャンシティ第1弾はこちら
オーシャンシティ第2弾はこちら
オーシャンシティ第3弾はこちら

※私の投稿一覧は↓の「Kayo(平木かよ)」をクリックしてください♫

タイトルとURLをコピーしました