新しくオープンした【World Life】とは?
スポンサーリンク

このためにOcean Cityに来た!

World Lifeな生活
この記事は約3分で読めます。

アメリカ・イーストコーストのメリーランド州、アメリカでも有数のリゾート地であるOcean City(オーシャンシティ)から、アメリカン・バカンスの様子をシリーズでお届けしている第6弾

※第1弾からはこちらから

今回は、このためにOcean City(オーシャンシティ)に来た!と言っても過言では無い(笑)、ロブスター・ディナーのお店と、ブルークラブ食べ放題のお店をお届けします。

まずはロブスターのお店から。

The Shark on the Harbor(シャーク・レストラン)
https://www.ocshark.com/#home

ここでは、毎日、魚市場の入荷量が違うので、メニューは毎日、ランチもディナーも書き直しているそう。

夏の間、このレストランでは、毎週木曜日、先着20名が、見事なロブスターを、20ドル(約2200円)でいただくことができます。今年は、3週間前に電話を入れたのだけれど、既に完売と言われてしまいました・・・。

普通のメニューでもいいか、ってことで来ようと思っていたのですが、なんと昨日確認したら、キャンセルが出たので私たちもロブスターがいただけることに!

見事なロブスターには、溶かしバターと、本日の野菜と、ロブスターのマッシュドポテト付きです。神さま、ありがとう〜。
支払い時、ロブスターは20ドルではなく25ドルだったけれど、そんな事は、どうでも良い。

(笑) この店が潰れないでいてくれただけで、それで良い。

このお店のドリンクは、いろんなクラフトビールや、カクテルが揃っていて、お酒コーナーも充実しているのだけれど、特筆すべきは、お料理のお供にとても嬉しい、なんとワインのフライト(サンプラー)がメニューにあること。

そしてこれも日替わり。3種類の、オススメの白ワインまたは赤ワインが、その日の状況で、値段もまちまちなのだけれど、断然割安で楽しめます。

ブルー・クラブ食べ放題

最終日のディナーに行ったのは、「スニーキー・ピート」のブルー・クラブの食べ放題

ブルー・クラブとは、アメリカ東海岸では代表的な、食用のワタリガニの一種で、脱皮直後の柔らかいものは、ソフトシェルクラブとして有名。そうか、ブルー・クラブとソフトシェルクラブは同じ蟹なんだ、知らなかった。

さて、このブルー・クラブの食べ放題、「オールド・ベイ」などの、スパイシーなケイジャンスパイスで茹でてあり、採れたてのコーンも食べ放題。大きなテーブルに厚紙を敷き、木のハンマーで叩き、足を折り取り、胴の部分をパカっと割って、ミソと一緒に豪快に食べる。

でも、この蟹、結構尖った部分もあり、手指など怪我しそう。その上、手間な割には食べるところが少ないみたいで、私はあんまり得意じゃないので、私は、しっかり食べるだけの、クラブケーキをいただきます。ちなみに、ブルー・クラブの食べ放題、49ドル(5,400)なり。クラブケーキは$33 (3,630)

さて、最終日のディナーも終えて、ホテルに戻っておとなしくパッキング。

明日、ニューヨークへ戻るのですが、ニューヨークへの途中、ちょうど真ん中へんにある、大きなファーマーズ・マーケットに寄って、グロッサリーを買い物して帰る予定です。とれたての、たくさんの種類の野菜が、とにかく安い。サンドイッチも、シーフードも、バーベキューも、何でも美味しくて安い。

次回シリーズ最後は、そんな様子をお届けします。

それではまた来週。

オーシャンシティ第1弾はこちら
オーシャンシティ第2弾はこちら
オーシャンシティ第3弾はこちら
オーシャンシティ第4弾はこちら
オーシャンシティ第5弾はこちら

※私の投稿一覧は↓の「Kayo(平木かよ)」をクリックしてください♫

タイトルとURLをコピーしました